子育ての費用子ども1人に3000万円とか煽りすぎ

all aboutに掲載されていた「子育ての費用、子ども1人にかかるお金3000万円」という記事を読みました。

ファイナンシャルプランナーの書かれた記事で、そこには、生まれてからの子供にかかる費用がすべて集計されていました。食費や被服費、学校にかかる費用、郊外学習などです。

中学までにかかる費用が1740万円。
高校・大学の進学パターンによって子ども1人にかかるお金は2400万~3000万円。

少し前まで、子供1人にかかる費用は1,000万円。なんてことをいっていましたが、いつの間にこんなに金額があがってしまったんでしょうか。

高校生を持つ家庭の実感

「中学までにかかる費用が1740万円」

うちの上の子は高校生ですが、そんなに払ってきた覚えが全くありません。

確かに子どもにはお金がかかります。

負担が大きかった時期を思い出してみると

  • 共働きをしていたときの保育料(毎月3万円~8万円)
  • 中学生の部活動にかかる費用(毎月1万円~2万円、ユニフォームなど)
  • 中学生の塾(毎月2万円、夏期講習・冬期講習代は別)

けれども、確かに教育費が家計を圧迫していると感じてはいましたが、だからといって貯金を取り崩したり、借金をしないと生活ができない金額かといえばそうでもありません。

子どもを産んだときは主人の年収は400万円にも満たない金額でしたが、毎月のサラリーの中でやりくりができる金額です。

産まれてから高校生の間は家計の中で教育費の捻出ができる家庭であれば、それほど心配しなくてもいいですよ。

貯蓄として用意しないといけないのは高校進学費用と大学費用

小学校や中学校から私立にという場合は別として、公立に行かせるのであれば、貯蓄として別途用意しておかないといけない費用は高校進学費用と大学4年間分でしょう。

うちの場合は公立高校進学で25万円程度かかりました。私立高校の場合は少し金額が上がって40万円超かかるようです。

毎月の高校にかかる費用は家計の中からやりくりできますから、貯金から賄ったのは高校進学に伴う費用だけでした。

また、やはり一番教育資金として用意しておかないといけないのは大学進学費用ではないでしょうか。大学にかかる費用の考え方は、

大学教育資金=大学に通わせている時期の収入から出せる分+貯金

すべてを貯金から賄おうとする必要はありません。大学に通わせている時期の収入から教育費に充てられる金額と貯金を合わせて大学進学費用に充ててもいいのではないでしょうか。

進学費用を用意していたとしても子どもが進学するかどうかはわからない

うちの場合は子どもがそれほどできがいいわけではなく、親も子も実力を知っています。(悲)

本人は「自分は勉強が嫌いだから」

といっていたので、大学に進学させるよりも、好きなことを見つけて高校卒業後には専門学校にでも入ってくれたらいいと思っていました。

あまりプレッシャーをかけすぎてもかわいそうですし、子どもの進路は子ども自身に決めさせる子どもの人生はわたしの人生ではないのだから

などと自分に言い聞かせています。

専門学校の場合にかかる費用は、2年で200万円、3年で300万円かかることを調べていたので、進学費用として300万円を用意していました。

しかし、最近になって専門学校にもいかずに高校を卒業したら就職するといいだしたんです。

正直、親としては本当は、進学校に行って、大学に入り、有名企業に就職してくれたらいいのになと密かに願っていたりしたこともありました。

家計ブログをやっていますと、ボーナスの支給額の時期には大手企業のボーナスの金額、中小企業のボーナスの金額、公務員のボーナスの金額の平均を記事にしたりしていましたので、企業の規模によってボーナスの金額にかなりの差があることを思い知らされます。

学歴社会ではなく実力社会になってきて、学歴で人は評価できないともいいますが、現実を見てみるとまだまだ日本は学歴社会のように感じます。

格差に関するニュースもよく目にするようになって、正社員と非正規との差はますます大きくなってきています。

非正規だと結婚も子どもも諦めないといけないというような空気。

何がいいたいかといいますと、子どもは親が思っているとおりには育たないということです。

教育資金を用意していても、進学しないことだってあります。

わが子も高校生になり、自分の進路について色々と考えています。親はそれを温かく見守ってあげてフォローできればいいのかなと。

まとめ

  • 子ども1人の教育費3000万円かかるは煽りすぎ
  • 子どもには確かにお金がかかるけど高校生までは毎月の家計の中でやりくりしよう
  • 大学費用は大学に通わせている時期の収入から出せる分+貯金で賄えるように計算を
  • 教育資金を用意しておいたとしても進学しない場合もある(涙)

all aboutの記事の中でもこのように結ばれていました。

子どもにかかるお金は長期間に渡って少しずつ負担するお金。計画的に備えて、子どもの成長を楽しみたいですね。

シェアする

フォローする

子育ての費用子ども1人に3000万円とか煽りすぎ
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!