SBI証券の個人型確定拠出年金で加入・移換時手数料、口座管理手数料の無料キャンペーンを実施

わたしも利用しているSBI証券で、2017年1月から個人型確定拠出年金拡充に伴い、『個人型確定拠出年金(iDeCo)の大幅サービス拡充』のプレスリリースがありました。

参考 個人型確定拠出年金(iDeCo)の大幅サービス拡充のお知らせ~SBI証券は個人投資家の皆さまのiDeCoでの資産形成を応援します!!~

参考 個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定しました

個人型確定拠出年金について軽くおさらい

個人型確定拠出年金は、年金の3階建て部分を自分で運用する年金制度で、正直言って投資初心者にはとっつきにくく、制度も複雑。

とりあえず、対象の投信などを購入して売却益が出ても非課税、分配金についても非課税ということで税制面で特になるという制度です。

また、投資に関する税金が免除されるだけではなく、投資した金額は所得税・住民税の税控除として利用できるので、確定拠出年金をやると所得税も住民税も安くなるので「かなりお得、利用しない手はない!」とよくニュースで紹介されています。

けれども投資の素人には非常にとっつきにくいので、親しみがでるように厚生労働省が個人型確定拠出年金の愛称を募集して「iDeCo(イデコ)」に決定したようです。

「名前を変えたからといって加入する人増えるのかな~?」と少し疑問を持ちますが、政府が個人型確定拠出年金の加入者を増やしたいというのは伝わってきます。

SBI証券の個人型確定拠出年金のサービス拡充をみてみよう

さて、今回プレスリリースされたSBI証券の個人型確定拠出年金拡充の中身を確認してみましょう。

  1. 公務員・主婦の皆さま等、新規加入対象者の申込資料請求の予約受付開始!
  2. 加入・移換時手数料、口座管理手数料の無料キャンペーンを実施!
  3. 当社WEBサイトのiDeCoページを大幅リニューアル!
  4. iDeCoプランの運用商品拡充!

公務員・主婦の皆さま等、新規加入対象者の申込資料請求の予約受付開始

今まで対象でなかった公務員や専業主婦が対象になるのが2017年1月からなのですが、資料請求が予約受付開始となっています。

加入・移換時手数料、口座管理手数料の無料キャンペーンを実施

ここは要チェック!

2016年9月23日(金)から2017年3月31日(金)までを対象期間として、iDeCoに加入した新規のお客さまの加入・移換時手数料を0円に、また口座管理手数料も残高に関わらず一律0円に大幅引下げするキャンペーンが実施されています。

SBI証券の場合、加入・移管時手数料(税抜)は原稿手数料が1,000ですがそれが無料になります。

また、個人型確定拠出年金に加入すると証券会社で運営管理期間口座管理手数料がかかりますが、通常300円がキャンペーンで無料。

SBI証券だと50万円以上拠出すると口座管理手数料はかかりませんが、それまでは毎月口座管理手数料がかかるのでそれが節約できます。

けれども、楽天証券だと10万円以上の拠出で口座管理手数料が無料になるので、ここらへんは毎月拠出できる金額との兼ね合いで考えたほうがいいと思います。

当社WEBサイトのiDeCoページを大幅リニューアル

2016年9月23日(金)より当社WEBサイトのiDeCoページをリニューアルされています。

コスト(信託報酬率)やパフォーマンス比較なども可能と使いやすくなっています。

iDeCoプランの運用商品拡充

ひふみ年金・みのりの投信・三井住友DC日本株式インデックスファンドS・三井住友DC外国リートインデックスファンドの4本が追加されています。

三井住友の外国リートは信託報酬が0.3024%とかなりコストが抑えられているのが魅力的に移ります。

まとめ

2017年1月の個人型確定拠出年金拡充に伴い、顧客獲得のためのキャンペーンが他の証券会社からもでてきそうです。

加入を検討されている方は証券会社のキャンペーン情報などをチェックしておくといいでしょう。

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

シェアする

フォローする

SBI証券の個人型確定拠出年金で加入・移換時手数料、口座管理手数料の無料キャンペーンを実施
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!