SBI証券の積立FXが2016年10月15日より開始予定

資産を円だけで持っていることに疑問を持ち、ドルの積立投資をやっています。

現在は、住信SBIネット銀行で両替したドルをSBI証券へ移して外貨MMFの購入などに充てていますが、今度、新しくSBI証券が積立FXというサービスをはじめるようなのでチェックしておきたいと思います。

SBI証券の積立FXとは

SBI証券は、外国為替保証金取引(FX)で積立FXのサービスを2016年10月15日より開始するとプレスリリースしました。

積立FXは、

  • 外貨預金と比較して少額での投資が可能
  • 高金利の外国通貨と円貨の金利差に相当するスワップポイントを得ることができる
  • 低レバレッジ

「高いレバレッジをかけてFX取引をするのは不安だが、高金利通貨の金利を享受したい。円の下落リスクに備えたい」といった投資ニーズに応えて、外国通貨への中長期での投資を実現する商品設計となっています。

積立FXの特徴をみてみると

<特徴1> 定期的な外貨購入(毎日、毎週、毎月)が可能

毎日、毎週、毎月の売買が可能ということは、為替変動リスクをドルコスト平均法を使って回避したい場合にはとても有効な買いつけ方法です。
<特徴2> リスクを抑えた低レバレッジ運用が可能

FXだとレバレッジ25倍などのハイレバレッジをイメージしますが、積立FXの場合であればレバレッジの上限を3倍(一部通貨の上限は2倍)

1倍・2倍・3倍の3通りから選べます。(中華人民元および南アフリカランド円は3倍不可)

その分ロスカットのリスクが低くなります。
<特徴3> 1通貨単位から少額投資が可能

通常のFXは1万通貨単位、FXミニで1000通貨単位とある程度まとまった単位での取引となりますが、積立FXの場合は1通貨(1ドル)以上0.01通貨(1セント)単位と少額から取引ができます。
<特徴4> スワップポイント(金利相当額)の受け取りが可能

FXは差金取引なので日本円との金利差に相当するスワップポイントを受け取ることができます。

※積立FXの新規ポジションは、「外貨の買付(購入)」のみ可能。売りからは入れないのも特徴の1つです。

雑感

まだプレスリリースなので「手数料がどれくらいかかるのか?」「現引きはできるのか?」など詳しい情報がわかりません。

もし、住信SBIネット銀行の両替手数料よりも積立FXのほうが手数料が安く、なおかつ、現引きできるようであればレバレッジ1倍で積立FXを利用する方法もあるのではないかと考えています。

外貨の積立を考えている人には要チェックですね。

シェアする

フォローする

SBI証券の積立FXが2016年10月15日より開始予定
この記事をお届けした
節約主婦ブログ myu's blogの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!