2016年冬のボーナスの使い道

冬のボーナスの時期になりました。

まとまった金額で毎月の給与とは別にもらえるボーナスは、やっぱりうれしいものです。

さて、皆さんはもらったボーナスをどうしていますか?

「ボーナスはやっぱり貯金」
「住宅ローンのボーナス払いに充てる」
「もうすでにクレジットカードでボーナス払いで買い物した」
「帰省費に使う」
「旅行に行く」
「教育資金に使う」
など、いろんな計画を立てられているのではないでしょうか。

わたしの場合はというと、節約ブロガーさんのブログを覗いて、堅実に貯金している人もいるし、結構思い切って使っているのね、と人様の家計を見ていろいろ参考にさせてもらっています。

ということで、誰かの参考になるかどうかわかりませんが、今回は我が家の2016年冬のボーナスについて書いてみようと思います。

ボーナスについての考え方

基本的にボーナスというのは臨時収入です。会社の業績が悪ければ減額されることもありますし、支給されない場合もあります。

わたしが以前勤めていた企業では、はじめはボーナスが支給されていたのですが、途中から業績悪化でボーナスが支給されなくなりました。

当時は「こんなことがあるのか?」と思ったものですが、今考えると少しブラック企業チックな会社でしたので、そういうことも現実にあるんですね。

こういった経験を実際にしますと、ボーナスが今後も退職まで続くというのはなかなか考えにくいものです。

ということで、ボーナスはあくまで臨時収入

ボーナスがなくても家計が困らないように、余裕を持った計画を立てたいと思います。

ボーナスの使い方

このブログをはじめてから、ボーナスが支給されても毎回全額貯金をしてきました。

おかげさまで、借金も全額返済できたし、少しばかり貯金ができる貯金体質に変わってきたと思います。

ですが、臨時収入は貯金するという基本方針は変わっていませんが、今年から毎日がんばってくれている主人にボーナスからお小遣いを渡すことにしました。

我が家のボーナスの使い道
・9割 貯金
・1割 主人へのお小遣い

節約生活が長くなってくると、今まで家計をキュウキュウにしすぎていたことにふと気づくときがあります。

人生というのは長いので、将来のために使うお金ももちろん大切なのですが、今を楽しむお金の使い方もあってもいいと思うのです。

お金をたくさん貯めたのに、結局使わずに終わってしまう人生もまたあまり楽しくないです。

こういうのはバランスが大切なのではないかと、最近考え方が変わってきました。

ということで、わたしは欲しいものが特にないので、主人へボーナスから1割お小遣いを渡し、残りは全額貯金したいと思います。

ボーナスの金額を晒してみる

ここまで読んでいただいた方、ありがとうございます。

でも、下世話な話、「実際ボーナスってどれくらい支給されているの?」と気になる方も多いと思いますので、ここまで読んでいただいた方に我が家のボーナス支給額をこっそりと公開しちゃおうと思います。

今年のボーナスの支給額は、521,838円でした!

主人の会社は中小企業ですが、中小企業の中ではもらえている方だと思います。大企業だとボーナスの平均支給額が90万円なんてニュースもありましたから、大企業ってやっぱり収入がいいんですね。

ちなみに、昨年の冬のボーナス支給額は514,707円でしたので、去年より今年の方が少し増加しました。

ありがたや、ありがたや。

ということで、我が家は5万円主人のお小遣いに、残り47万円を全額貯金したいと思います。

まとまった金額は定期預金に

ボーナスでもらったお金を投資に回すという方もいらっしゃるとは思いますが、わたしの場合はある程度まとまったら定期預金にするようにしています。

定期預金の利率なんて、今の超低金利時代には微々たる物で、普通預金のまま置いておいてもさほど変わりはしませんが、まとまった金額が通帳にあるという安心感から無駄遣いが増えるのを防止するために、定期預金にするようにしています

預け入れ先は、少しでも利率の高いところを検討しているので、その件に関してはまた後日。

皆さんのボーナスの使い方はいかがでしょうか?

シェアする

フォローする