2016年冬の我が家の資産額

家計を管理する上でよく利用されるのは家計簿だと思いますが、わたしの場合は家計簿で集計をするだけではなく、半年に一度家計のバランスシートを作って、資産が大きくなっているかどうかを確認しています。

バランスシートを作るメリットとしては

  • 金融資産を把握できる
  • 家計の負債を把握できる
  • 現物資産を把握できる
  • 前年のバランスシートと比較してバランスシートが大きくなっているかどうか確認できる

ということが上げられます。

企業では決算時にバランスシートを作りますが、それを家計にも応用してモチベーションアップにつなげたいと考えています。

家計のバランスシートを作るのには年末だとお金の出入りが激しい時期なので、我が家の場合はボーナスをもらった直後のお金の出入りが少ない時期に作っています。

まだまだ我が家のバランスシートは小さくて公開するのは恥ずかしいですが、どなたかの参考になればと思い半年に1度集計し公開します。

2016年冬の家計のバランスシート

資産の部 負債の部
金融資産 預金(普通)  1,146,348 住宅ローン 0
預金(定期) 4,017,610 その他借入金 44,431
有価証券(時価) 500,000
投資信託 227,464
貯蓄性の保険  1,999,080
その他の金融資産 0
金融資産合計  7,890,502 負債の部合計 44,431
実物資産 土地 0 純資産の部
建物  0 純資産  8,886,071
その他の実物資産  1,040,000 (うち正味金融資産) 7,846,071
実物資産合計 1,040,000
資産の部合計  8,930,502 負債の部+純資産の部 8,930,502

その他の実物資産は車です。車の時価評価額は「家計のバランスシートを作る際の車の時価評価額について考えてみる」で書いたように価格.comの査定額を参考金額として入れています。

去年のバランスシートと比較

さて、去年の冬のバランスシートと比較してみると

2015年冬 2016年冬 増減
正味金融資産 6,350,239 7,846,071 1,495,832
実物資産 1,060,000 1,040,000 △20,000
合計 7,410,239 8,886,071 1,475,832

年間で資産が147万円増という結果に。

今年は子供の高校進学費用が45万円超支出したため、臨時支出が大幅に増加した年でしたが、それでも前年と比較して147万円の資産増という結果に、自分としては満足しています。

目的別貯金の進捗状況確認

金融資産は目的別でも管理しています。

目的別に管理することで、普通預金や定期預金、投資へ向けられるお金がどれくらいあるのかというのを把握するためです。

項目 目標 現在 備考
いざという時のため 132万円 132万円 達成
普通預金or2週間満期預金
車購入資金 180万円 36万円 10年後を目標(毎年18万円ずつ積立)
定期預金
支度金(上の子) 50万円 50万円 達成
定期預金
教育資金(下の子) 400万円 400万円 学資保険+定期預金
老後資金 3,000万円 144万円 定年までを目標(毎年130万円ずつ積立)
投資資金 22万円 投資信託にて積立
合計 784万円

いざという時のため

主人にもしものことがあったときの生活防衛資金は生活費の半年分としています。

主人に何かあったときの生活防衛資金について

自営業者であれば2年分を目安とされていますが、うちは主人がサラリーマンなので傷病手当金などの公的社会保障などを加味しました。

老後資金

老後資金というのはどれくらい準備しておけばいいのか、今後の物価などによっても大きく変わってきますので、どれが正解と言うのはわかりませんが、一応試算してみました。

老後資金に3千万円は必要かどうか検証

とりあえず、我が家は3,000万円を老後資金として準備しようと考え、毎年130万円ずつ積み立てれば定年時に3,000万円が貯まる計算となります。

投資資金

教育資金が準備でき、老後資金の積立額をオーバーした分は余剰資金として投資にチャレンジしています。

今年から、外貨MMFを購入したり海外ETFへの投資をしています。

円安のおかげで含み益が2万円ほどでていますが、コツコツと積み立てていきたいと考えています。

借金500万円からの推移表

現在の資産額はまだまだの数字ですが、我が家は結婚当初借金があり総額500万円でした。

そこから計算してみると、1,000万円超増えていることになります。

推移表にしてみると。

2015年は車を現金一括購入したので資産は増えませんでしたが、他の年は着実に資産が増加しています。

借金体質だったわたしですが、家計の見直しをしてから11年。

やっと貯金体質になってきました。

貯金というのはダイエットと同じで、たまにリバウンドしたりしますが、継続は力なり。

長く続けて、生活の基盤をしっかりと持ちたいと考えます。

目標

来年は、子供たちは進級のみで進学がないので、教育費用は今年よりも少なくてすみます。

今年の資産増加額147万円に、高校進学で使った45万円を足してみると、来年の貯金可能額は192万円。

来年の資産額目標は900万円台後半としたいと思います。

シェアする

フォローする