海外ETFへ積立投資1年目の結果

投資に関してはズブの素人なのですが、今年から積立投資をはじめてみました。

ルールとしては毎月5万円ずつ米ドルへ交換し、海外ETFを購入していく方法です。

わたしが利用しているSBI証券では海外ETFの買付手数料がNISA口座であれば無料で利用できます。

書籍によく書いてあるのは、海外ETFを積立投資する場合は投資信託から海外ETFへリレー投資するというものですが、SBI証券でNISA口座なら買付手数料が無料なので、わざわざリレー投資する必要がありません。

さて、8月から開始した積立投資ですが、今年の投資成績はどうなったか確認してみました。

スポンサーリンク

積立投資をはじめて1年目の投資成績

購入した商品は

  • AGG iシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF
  • RWR SPDR ダウ ジョーンズ REIT ETF
  • VGT バンガード 米国情報技術セクター ETF
  • VYM バンガード 米国高配当株式ETF
  • 米ドル建MMF

今年の8月からの買付けなので、株は年末にかけて上昇し、債券は年末にかけて下落しました。

わたしは天邪鬼なのでこの時期に債券を多めに購入しています。利上げが示唆されている時期に下がるとわかっているのに債券を買っていくところがわたしらしいところなので、皆さんは真似しないようにしてくださいね。

ということで、米株の評価損益は △9.87ドル という結果になりました。

受け取った配当金は、7ドルちょっとですので、ほぼほぼトントン。

海外ETFを買わずに米ドルだけに投資していても同様の結果が得られたことでしょう。

1年目の投資結果
投資額:250,000円
円換算評価益:25,182円(+10%)
円換算評価額:275,182円

毎月5万円の投資で現在25万円投資して、円換算での評価額は1ドル=116.72円換算(12/30日時点)で275,182円(+10%)という結果でした。

はじめて積立投資をしてみた感想

まだ積立投資をはじめてから数ヶ月しか経過していないのですが、この数ヶ月間はちょっと迷うことが多くありました。

積立投資ですから、できるだけ安く買いたいという気持ちと、評価額が下がって資産が目減りするのを見ている気持ちに揺れながら、それでも毎月一定額を機械的に購入していく手法が本当に正しいのかどうか不安に駆られました。

経済ニュースなど、今まであまり関心がなかったニュースを読むようになりましたし、特にアメリカの利上げや大統領選などは投資をしていなかったらそれほど関心が持てなかったと思います。

ニュースを見る視点も以前とは変わって、経済が大きな流れで動いているんだということをここ数ヶ月で実感しました。

来年の投資方針

来年の投資方針ですが、金額がまだ少額なのでアセットアロケーションを自分の考えているアセットアロケーションに近づけることを目標に買付けしていこうと思います。

債券・先進国株に関しては今購入している銘柄を引き続き積み立てること、新興市場に関しては現在銘柄選びをしているところです。

まだはじめたばかりで何の参考にもならないと思いますが、1年目はこんな感じでした。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>