楽天モバイルに申し込み、注意する点と楽天スーパーポイントで払えるもの払えないもの

携帯電話料金の節約のために、キャリアの携帯からMNPして楽天モバイルに申し込みをしました。

その時に注意した点と、楽天スーパーポイントで支払えるもの支払えないものをまとめます。

スポンサーリンク

楽天モバイルとは

楽天モバイルは、楽天が提供している格安スマホ・格安SIMを扱う事業者です。回線はdocomoの回線を利用。

特徴としては、格安SIM業者の中でも価格設定が安価であること、支払い時に楽天スーパーポイントが貯まり、楽天スーパーポイントを使って通信料を支払うことができます

また、楽天市場で買い物をするときはポイントが+1倍つく(データsimは対象外)など、楽天ユーザーにとっては魅力のあるサービスを提供しています。

回線の品質は昼休み時間帯に速度低下するとネットでは評判のようですが、品質については実際に使ってみて後日レポしたいと思います。

楽天モバイルにMNPで加入したときに注意した点

さて、今回はキャリア携帯から番号を引き継いで(MNP)で、格安SIMの楽天モバイルに変更します。

端末はApple Storeで購入したiPhone7(白ロム)なので、楽天モバイルへの契約はSIMカードのみの契約をすることにしました。

MNP前の環境:ソフトバンク
MNP後の環境:格安SIM(楽天モバイル)+iPhone7

キャリアから格安SIM業者へMNPするときの手順

キャリアから格安SIM業者へMNPするときの手順ですが、

  1. キャリアからMNP番号をもらう
  2. 端末を別途用意する場合は端末を購入する
  3. 楽天モバイルへMNPで申し込みをする
  4. 格安SIMが届いたら設定する

1.キャリアからMNP番号をもらう

まず、MNPをする場合は現在契約しているキャリアからMNP番号をもらう手続きをします。

電話でもできるようですが、子ども携帯の名義変更もあったので、今回は店舗に行ってMNPの申し込みをしました。

ソフトバンクの解約についてですが、ソフトバンクからMNPをする場合は、格安SIM業者にMNPで申し込みすると自動解約になるので、特に解約手続きは必要ないとのことでした。

2.端末を別途用意する場合は端末を購入する

今回はApple Storeで白ロムのiPhone7を購入しました。

↓その時の記事はこちら

2017年Appleの初売りでiPhone7を購入、Apple Storeギフトカードプレゼント中
Appleの初売りといえば、以前はMac製品の値引きや福袋の販売で実店舗に行列ができていました。

3.楽天モバイルへMNPで申し込みをする

楽天モバイルの店舗かもしくはネットで申し込みをします。

キャンペーンをやっていることもあるので、事前にキャンペーン内容を確認しておきます。

ソフトバンクから楽天モバイルへMNPするときに使えるキャンペーンを調べてみた
主人の携帯電話代を節約するために、ソフトバンクから楽天モバイルへMNPする予定です。

今回は、通話SIM+楽天でんわ5分かけ放題by楽天モバイル同時申し込みで、あなたの解約金の半分5,000円相当のポイントプレゼントキャンペーンが実施されていたのでキャンペーンで申し込みをしました。

小さな字で色々と注意点が書いてありますのでよく読んで申し込みをします。

MNPをするときは携帯電話を使えない日はあるの?

申し込みをする際にはじめてのMNPだったので疑問に思ったこととして

「MNPで楽天モバイルにネットから申し込みをすると携帯電話はその間使えるの?」

ネットから申し込みをすると格安SIMが届くまでに数日かかります。その間携帯電話が利用できなくなるのは不便です。

では、携帯電話が利用できない空白期間をできるだけ少なくするためにはどうしたらいいのでしょう。

申し込み画面での案内によると、格安SIMが届いてから開通センターに電話をして開通させることで、電話が利用できない空白期間を短くすることができるようです。

MNP(番号ポータビリティの利用)のページで

楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」にチェックを入れると、SIMカードが届いてから開通センターに電話をしてから開通するという流れになります。

空白期間をできるだけ少なくしたい場合は必ずチェックを入れましょう。

午前8:59までに開通受付が完了した場合は、当日の9:00~21:00に切り替え、午前9:00以降に開通受付が完了した場合は翌日の9:00~21:00の切り替えとなります。

受付完了時間によって翌日になってしまう場合もありますのでこちらも注意が必要ですね。

4.格安SIMが届いたら設定する

格安SIMが届いたら、iPhone7の場合はプロファイルの設定や楽天でんわ5分かけ放題に申し込んだ場合は楽天でんわのアプリのインストールが必要です。

楽天モバイルで楽天スーパーポイントで支払えるもの、支払えないもの

楽天モバイルの支払いは楽天スーパーポイントが使えます。

しかも、期間限定ポイントも楽天モバイルの支払いに充てることができるので、楽天市場をよく利用される方や、期間限定ポイントの使い道がない人にはとても便利なサービスです

ただし、楽天モバイルでは楽天スーパーポイントで支払えるものと、支払えないものがありますのでまとめてみました。

ポイントが使えるもの ポイントが使えないもの
月額基本料金
楽天でんわ5分かけ放題オプション
楽天でんわ利用料金
セット販売端末※
アクセサリー商品の購入
端末割賦金

※端末にポイントが使えるのは購入時のみなので、端末を一括で購入した場合と分割の頭金はポイントで支払いができます。しかし、端末の分割払いの場合は端末価格からポイント分を差し引いて残りの金額を24回で分割して支払いとなります。

以前はオプションの5分かけ放題や楽天でんわ利用料金、端末割賦金はポイントで支払えませんでしたが、提供会社が変更となり2016年11月28日以降に楽天SIMを受け取り、使用開始された方はポイントでの支払いが可能となりました。

事務手数料と端末代金は、「楽天スーパーポイント」の付与対象外です。

楽天スーパーポイントで楽天モバイルの通信料を支払う時の支払い方法の設定

通信料の支払いのために、うちでは楽天スーパーポイントで楽天モバイルの支払いをしようと思います。

お申し込み時に、お客様情報入力画面の「楽天スーパーポイント口座番号」→「利用方法」で

  • 全てのポイントを使う
  • 一部のポイントを使う

が選べるようになっているので、

うちの場合は「全てのポイントを使う」にチェックを入れました。これで、楽天モバイルの通信料が自動的に楽天スーパーポイントで支払われることになり、足りない分は設定した支払先から支払われることになります。

楽天モバイルで楽天スーパーポイントを使って支払うときは家族カードでポイントをまとめよう!

楽天スーパーポイントを1つに集める方法として家族カードを作るという方法があります。

我が家の場合は、主人が契約している楽天カードに家族カードを契約して、家族カードをわたしが利用しています。

楽天の家族カードの特徴は

  • 家族カードご利用分も、本会員同様にポイントが貯まる
  • 家族カードご利用ポイントは、本会員様がまとめて獲得
  • お支払管理が便利に!ご利用分は本会員様の口座から引き落とし

家族カードを作ることで、楽天スーパーポイントが1つにまとまり効率的にポイントを貯めることができます。

デメリットとしては、わたしが家族カードで買い物をしたのが主人にバレバレな点。お金の出入りは夫婦間で透明にしているので、我が家の場合はそこは対して問題になりません。

夫婦で貯めた楽天スーパーポイントは、これから楽天モバイルの支払いに充てたいと思います。

まとめ

  • 楽天モバイルで携帯電話が利用できない空白期間をできるだけ少なくするためには、申し込み時に「楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」にチェックを!
  • 楽天スーパーポイントは端末の割賦金には利用できない
  • 楽天モバイルで楽天スーパーポイントを使って支払うときは家族カードでポイントをまとめるとお得

回線の品質が気になるところではありますが、料金に関しては楽天スーパーポイントでの支払いができるので、楽天市場をよく利用する方にとっては、かなり節約に繋がるのではないでしょうか。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>