無料セキュリティソフトのMicrosoft Security Essentialsをインストールしてみました

パソコンのセキュリティ対策はとても大事だというのはわかるのですが、なかなか有料のものを購入しようという気になれず・・・。

今日は、Microsoftが作っている無料セキュリティソフトのMicrosoft Security Essentials(マイクロソフト セキュリティ エッセンシャルズ、MSE)をインストールしてみました。

ちなみに、Microsoft Security Essentialsで利用できるOSは以下のみ。

  • Windows XP(32ビット)
  • Windows Vista/Windows 7(32ビット)
  • Windows Vista/Windows 7(64ビット)

Microsoft Security Essentialsのダウンロード

Microsoft Security Essentialsのインストール手順

Microsoft Security Essentialsダウンロード
まずは、ダウンロード先のサイトを開いてみると

信頼できるウイルス対策ソフトを無料でご提供します。

という文字が。無料で利用できるというのは本当に魅力的です。

では、早速【今すぐダウンロード】をクリックします。

Microsoft Security Essentialsのダウンロード
次にでてきた画面はMicrosoft Security Essentialsのダウンロードの画面。

言語は【日本語】を選択して、利用しているパソコンのOSを選択します。

<<利用しているOSが32ビットか64ビットか確認する方法>>
Windows VistaとWindows 7の場合は32ビットと64ビットの2種類があります。ほとんどが32ビットだと思いますが、自分のOSが何ビットか確認するには、
コンピュータのプロパティ
【スタート】 → 【コンピュータ】を右クリック → 【プロパティ】を開きます。

コンピュータのプロパティ画面
【システムの種類】が32ビットオペレーティングシステム か 64ビットオペレーティングシステムか、どちらになっているかで確認することができます。

ファイルを保存
OSの確認ができたら、先程の【Microsoft Security Essentialsのダウンロード】画面のオペレーティングシステムを選択して、mseinstall.exeを保存します。

mseinstall.exe
mseinstall.exeを開きます。

インストールウィザード
【Microsoft Security Essentials インストールウィザードへようこそ】という画面が開くので、【次へ】をクリックします。

ライセンス画面
ライセンス条項の画面を読んで【同意します】をクリックします。

プログラムに参加画面
カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加するかどうかのチェック項目があります。

Security Essentialsの使用方法に関する情報をMicrosoftに送信し、この製品の工場を図るために役立てることができます。

とのこと。参加は任意なので、今回は【今はこのプログラムに参加しない】にチェックを入れて進むことにしました。

uirusu9
【セキュリティを最適化する】では【ファイアウォールが有効でない場合に、Windowsファイアウォールを有効にする(推奨)】にチェックが入っているかどうか確認して次へ。

uirusu10
他のスパイウェア対策ソフトやセキュリティソフトが入っていないか確認して、【インストール】をクリック。

uirusu11
Microsoft Security Essentialsのインストールの画面になったのですが、これが結構時間がかかりました。

uirusu12
Microsoft Security Essentials インストールウィザードの完了画面で【今すぐ再起動】を選んでパソコンを再起動します。

uirusu13
Microsoft Security Essentialsはこんな感じ。ウイルスとスパイウェアの定義の更新が自動的にはじまりました。

利用してみた個人的な感想は、他のセキュリティソフトよりもかなり軽い気がします。実際に何かで測ったわけではないので、感覚的なものなのですが・・・。

今のところ別段問題なく利用できているので、とりあえずこれを利用しておこうと思います。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク