食費の節約のために買わなくなったもの(家族には不評w)

食費を意識して節約していなかったころは、1ヵ月5~6万円も食費に使っていました。今は、3万円ちょっと。

で、買い物の仕方もだいぶ変わってきました。

例えば、

  • 食パンはプライベートブランド
  • 牛乳は低脂肪乳
  • その他の食品もプライベートブランドに
  • 豆のコーヒーは買わない
  • お肉・魚は100g 100円以内が目安
  • 野菜は変動が激しいので旬なもの特売品を買う
  • 特売品でも使う量だけ買う

食パンはプライベートブランド

以前は、メーカーの食パン(1斤198円)を買っていたのですが、今はプライベートブランドの1袋6枚入りで88円のものを買っています。

我が家は毎朝パンなので、1週間に5~6斤消費するんです。消費量が多いので、プライベートブランドを選ぶだけでかなりの節約になっています。

食パンをプライベートブランドに換えることで、1ヵ月2,640円の節約

ただ、家族には不評で、普通のメーカーの食パンの方がおいしいから元に戻して欲しいようなんです。確かにそんなにおいしくなかったりするんですけど、ほぼ毎日のことですからそう簡単に元には戻せません。

牛乳は低脂肪乳

低脂肪乳って、栄養が少ない印象を持っている人もいるかもしれませんが、脂肪だけが少なくて他の栄養は普通の牛乳と変わらないんです。

それでいて、価格は半値ぐらいなので、やっぱり低脂肪乳を選んでしまいます。普通の牛乳が188円、低脂肪乳が98円なので、

食パンをプライベートブランドに換えることで、1ヵ月1,080円の節約

ただ、やっぱり家族には低脂肪乳は不評。おいしくないから普通のを買ってと言われてしまうんですよね。

それから、この低脂肪乳でホワイトソースはできません。一度試してみたのですが、脂肪がないのでトロみもでにくいし、第一濃厚なコクが必要なホワイトソース作りには不向きでした。なので、ホワイトソースには普通の牛乳を使って、使い分けるようにしています。

その他の食材もプライベートブランドに

最近、プライベートブランドの種類も増えていて、料理酒やみりんなどの調味料からカレールーなどまであるんです。どんどんプライベートブランド商品が増えつつあります。プライベートブランドって安いですから。

豆のコーヒーは買わない

コーヒー豆を挽いて、ネルドリップでコーヒーをいただいていたのですが、今はもっぱらインスタントコーヒーです。

なんか、豆からコーヒーを入れるのってとっても贅沢でプチセレブ気分で好きなのですが、結局、毎日お湯を沸かしてフィルターで濾して、なんてこと、ズボラなわたしには不向きでした(笑)

お肉・魚は100g 100円以内が目安

高いお肉は特別な行事のときにしか買わないことに決めました。で、普段は、100g 100円以下の安い特売肉&特売魚に的を絞って買っています。

安いお肉でも、ちゃんとしたところで買えば、まぁまぁ食べれます。

ただ、ブラジル産の鶏もも肉100g 38円というのを買ってみましたが、においがきつくて食べれたものではありませんでした。

お肉やお魚を選ぶときは値段も大事ですが、鮮度はもっと大事。いくら特売シールが貼られていても、肉汁が出ているものは避けています。

野菜は変動が激しいので旬なもの特売品を買う

野菜の価格は結構変動が激しいです。不作のときはキャベツ1玉300円を超えていたり(そんなときは他のものを買いますが)するので、できるだけ旬なもので価格が安いものを選ぶようにしています。

野菜も1袋 100円を目安にしていますが、100円を超えていても分量が多ければ買います。

あとは、冷凍保存ができる野菜は便利。ブロッコリーやレモンやほうれん草などは買った後冷凍しておけば、ちょっと1品足りないときなどに便利です。

特売品でも使う量だけ買う

なんか、よくしめじ2パックで98円とかで売られていて、ついつい買ってしまうのですが、冷蔵庫に入っていると、そんなに使わなかったりするんですよね。

特売品に惹かれて安いものを買うよりも、トータルで食費が安くなるように必要な分だけを買うようにしています。

とまぁ、結構がんばってるつもり。でも、家族には不評だったりするwww

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク