料亭白だし 四季の彩を使ってみた

よく見に行くブロガーさんが『味とこころ』の白だしがすごく便利だと書いてあったり、朝やってるテレビで芸能人が愛用の白だしだというので、すごーく気になっていた商品。


料亭白だし 四季の彩 を買っちゃいました(汗)

360ml入り2本で1,978円のところ、初回限定特別価格が1,400円(送料無料)

これは、安いんだろうか・・・と疑問に思ったりもしましたが、かつおも昆布も椎茸も白しょうゆも入っているからこんなもんかしら?

わたしが一番苦手とする料理は和食。だしをとるのが面倒で粉末のだしを使っているせいか、全然おいしくないんですよ。

主人からも『和食あんまり作らんね~』なんてことを言われてしまうので、手軽でおいしく作れるものを探していたんです。確かに日高昆布と花がつおをたっぷり使っておいしいだしが作れるのは知っているけれど、毎日のことだからやっぱり手軽じゃないと・・・(こういうところがズボラなんだけどw)

さて、届いた料亭白だし 四季の彩。


原材料の風味原料を見てみると、
かつお節、あじ節、まぐろ節、椎茸、かつお節エキス、昆布エキス

たくさん、おだしが入っています。

色はめんつゆよりも全然薄い白だし。ちょっとなめてみると、かつお節の香りがすごくて、めんつゆよりもしょうゆが薄いというか、しょっぱいというか。

まぁ、薄めて使うのでかなり濃い目の味付けになっていると思います。

レシピ本は2冊ついてきて、定番のだしまき卵や筑前煮、炊きこみご飯、茶碗蒸しなどの和食は当然なのですが、その他にもシーフードクリームスパゲティやチャーハンなどにも使えるとのこと。

結構、なんでも使えそうです。


とりあえず、使う分量を1枚にまとめてくれているプリントは、冷蔵庫に貼って、いつでも見れるようにしておきました。


まずは、わかめと卵のお吸い物。
1カップに白だし大さじ2杯を入れただけ。

おつゆは透明に近い色なのに、味はすっごく深いです。


それから筑前煮。いつもは濃い口醤油を使うので、色が黒っぽくなってしまうのですが、今日は白だしで味付けしたので、素材の色がとっても綺麗。

薄味に見えますが、味はとってもしっかりしています。

なんか、白しょうゆを使った料理を出すと料亭っぽく上品になりますよね。


こちらはだし巻き卵。
下手なのは見過ごしてください(笑)

こちらは、卵6個に対して、水大さじ4、白だし大さじ2、みりん小さじ2、お砂糖小さじ2で味付けしたもの。液体なので、卵に混ざりやすいので、粉末みたいに溶かす手間もなく調理も簡単。

口に含んだ瞬間おだしが出てきておいしいです。が、子供はわたしがいつも作る砂糖とマヨネーズたっぷりの卵焼きの方が好きだと言っていました。まぁ、大人の味なんですかね。わたしはすごくおいしいと思ったけど。

それから、こちらは筑前煮。
いつもは濃い口しょうゆを使うので色がどうしても黒っぽくなってしまいますが、白だしを使うと、自然な色合いでまさに料亭みたいな感じ。

でも、だしをとらなくていいのでとっても簡単に作ることができました。

これから和食料理、がんばってみようと思います。

↓料亭白だし 四季の彩 お試しセットはこちらから

  

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク