かなりざっくりとしたライフプランを作ってみました

今年は長女の小学校入学、来年は長男の中学入学を控えて、ほとんど貯蓄のない我が家の家計。

子供の大学までの学費のことを考えると急に不安になってきます。ということで、今日はざっくりとしたライフプランを作ってみることにしました。

【年間100万円を貯蓄目標とした場合】
ライフプランその1

1.臨時収入
まず、学資保険については長男はかんぽ生命、長女はSONY生命にしているので、中学入学、高校入学、大学入学時点で保険金が受け取れます。

子供手当てについては、毎年のようにでる金額が違うのでまた受け取れる額は変わってくる可能性が大ですが、一応計算には入れてみました。

2.臨時支出
家は買わない方向で考えているので、大きな支出は子供の進学にかかる費用と車の購入資金です。

一応、高校までは公立で大学は私立を考えているのですが、高校が私立だとかなり厳しい家計になってしまいます。

車に関しては10年後との買い替えで予定に入れています。

3.年間貯蓄額
年間貯蓄額、去年は146万円増だったのですが、毎年この数字が貯蓄できるとは限らないので、低めに設定して100万円にしてみました。

10年後を見てみると、一応黒字ですが、やはり大学の学費を払う時期は全く貯蓄ができず赤字に転落。ちなみに、この表を主人が退職するまで続けてみると定年時に2000万円弱貯蓄が残る計算になります。定年後の生活費やわたしたちの年代が老後になったころにはほとんどもらえないであろう年金のことを考えるとこの数字では若干不安になってきます。

【年間130万円を貯蓄目標とした場合】
ライフプラン2

年間貯蓄を130万円に変更してみると、大学費用を支払っても一応家計は若干の黒字となります。主人が定年する頃の貯蓄は2800万円。

貯蓄推移

こんな風に貯蓄が順調に増えればいいんですけどね…。

今まで借金返済ばかりに追われて全然貯蓄をしていなかったツケが回ってきているような気がします。

【ライフプランについて】
本来であれば、ライフプランを作成するに当たっては、給料の上昇率や物価の上昇率などを考慮して、尚且つ資産運用の利率を入力したりするみたいなのですが、給料の上昇はあまり期待できないし、物価は逆に下がっているデフレだし、資産運用はほとんど利息のつかない定期預金を考えているので計算には入れませんでした。

ざっくりとライフイベントがいつぐらいにあって、どれくらい貯蓄が必要なのかを把握するぐらいはやっておいた方がいいかなと思います。

家計管理について関連記事

節約生活をはじめて5年。ストレスを貯めずにお金が貯まるシンプルな家計管理
主人に何かあったときの生活防衛資金について
今更ですが超短期定期預金が思いのほか便利だと思う件
お金の引き出し方から分かる家計管理能力度
教育資金の300万円はこうやって貯めました
大きな買い物で失敗する原因は脳にあった

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク

コメント

  1. かみや より:

    いつも貯蓄の参考に拝見させて頂いております。
    老後資金3千万円目標ということで、自分としても同程度を想定しているのですが、
    myuさんの想定されている3千万円の使用用途の内訳をざっくりでいいので、
    記事にしていただけると嬉しいです。
    退職金や年金額が将来不透明であるため、難しいことは承知ですが、宜しくお願い致します。

  2. myu より:

    かみやさん、コメントありがとうございます。

    3千万円の使用用途の内訳はほとんど生活費の補填だと考えています。

    素人なので、あまり参考にならないかもしれませんがご確認下さい。
    老後資金に3千万円は必要かどうか検証