だまされずにお金をふやす本当のルール 10年先に差がつく資産運用 を読んでみた

投資には興味がありますが、何からやっていいかわからないのでとりあえず書籍を読んで勉強中です。

だまされずにお金をふやす本当のルール
今日は、FPの佐瀬貴之さん著書の
だまされずにお金をふやす本当のルール 10年先に差がつく資産運用』を読んでみました。

この書籍を手に取った理由

どうしてこの書籍を読もうと思ったかというと、

マネーの世界では、一般人はネギを背負ったカモである─。

この言葉が心に響いたからです。

マネーの世界を全く知らない素人なのに、資産運用をやってみたいと思っているのですから、まずはだまされないようにすることから学ばないといけません。

概要

マネーの世界には、知識の少ない一般人を狙ってプロが仕掛けた巧妙なワナと、時代遅れの間違った常識があふれています。本書では、これから投資や資産運用をしようとする一般人が知っておくべき最低限のお金のルールを、やさしい言葉で分かりやすく解説しています。

マネーの「プロ」の手口を知り、お金を殖やすための本当の方法を知れば、あなたの10年後の資産はきっと大きな差が付くはずです。

目次

はじめに
PART1 弱肉強食!?マネーの世界はサバイバル!
PART2 投資家を誘うマネー情報はワナだらけ!
PART3 保険の地雷原を突破せよ!
PART4 住宅ローンで損をしないためのルール
PART5 お金をふやす本当の方法はコレだ!

感想

やさしい言葉で初心者でもわかりやすく説明されているのでとても読みやすく、3・4時間で読み終えました。

タイトルの『10年先に差がつく資産運用』とついているので、投資の話がメインなのかと思いきや、保険や住宅ローンの話の方が多かったです。

確かに、保険や住宅ローンの話も資産運用の1つなのですが、保険はネットの安い掛け捨て保険、住宅は賃貸派のわたしにとっては、PART2の投資家を誘うマネー情報はワナだらけ!とPART5の「お金をふやす本当の方法はコレだ!」という章だけでよかった感じです。

投資に関しては、頷ける部分が多く、

金融機関が勧めてくるマネー商品に、本当にお得なものは少ない

というのは、以前に読んだ『金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか(過去記事)』に通じるものがあります。

投資についての記述は本書では少なめで、どの金融商品がいいのか?というのがSTEP5に具体例として記載がありました。

しかし、どうしてその商品なのか、どうしてその組み合わせなのかという理由付けが浅い気がして、できれば、投資に関してもう少し深く掘り下げて欲しかったです。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク

コメント

  1. snowwhite より:

    わたしも色々と興味があるのですが、なかなか手が出せません。
    おそらく無意識のうちに・・・

    マネーの世界では、一般人はネギを背負ったカモである─。

    のようなものがわたしの頭の中にあるからだと思います。それだけに改めてプロ(?)の方に厳然と言われると胸に響きますね(涙)。やっぱりそうか、とシンミリとしちゃいました。

    わたしも色々と勉強したいと思います♪また参考にさせてくださいね。

  2. myu より:

    snowwhiteさん、コメントありがとうございます。

    無知だとカモにされてしまうので、それを防ぐために色々と勉強しないといけないなぁ~と思います^^

    この本を読んで、マネーの世界といっても、保険に入ったり、住宅ローンを組んだり、仕組み預金に預けたりすることも資産運用の1つで、投資をすることだけが資産運用というわけではないんだな…ということも思いました。