はじめての障子の張替え

もうすぐ家庭訪問があるので、我が家でどうしてもやっておかねばならないことがあります。

障子
それは、障子の張替え。

小さい子どもがいるご家庭であればわかると思いますが、なぜかすぐにこうなります(泣)

なぜに、障子に穴を開けてしまうのでしょう。1つ開くと、なんだかどんどん増えてしまって…。

年末の大掃除の時にやろうやろうと思っていたのですが、相方がめんどくさがって協力してくれず、自分ひとりでやるには、わたしもはじめてだったので躊躇して、その後放置しておりました。

でも、家庭訪問で先生が家にくるのに、こんなに破れてしまっている障子は、さすがにみっともないと、やっと今日重い腰をあげて、障子紙を買いに行きました。

準備

障子の張替えで準備したもの

  • 障子紙
  • スポンジ
  • タオル
  • カッター・定規
  • 小麦粉

障子紙は高いものを買ってもどうせすぐに破いてしまうであろうことを予測して一番安価なものをチョイス。7.2mで298円のものを購入しました。

ハケが家になかったので絵の具用の筆を代わりに使います。

障子の張替えをやってみる

小さい頃に実家で障子の張替えをやっていたのを覚えていますが、実際に自分がやるのはこれがはじめてです。障子のりは市販のものを利用せずに、小麦粉のりを使うことにしました。

市販の障子のりだと張替えのときに剥がしにくいらしいのです。どうせ貼ってもまた子どもが破いてしまうと思いますし。

手順

  1. 障子から紙を剥がす
  2. 小麦粉のりを作る
  3. 障子紙を貼る
  4. 霧吹きをかける
  5. 乾燥させる


障子の枠を水で湿らせます。このときはスポンジを使いました。


5分から10分くらいでのりが溶けるので、ゆっくりと剥がしていきます。
所々剥がしにくい箇所があるので、再度スポンジで水を含ませながらゆっくりと剥がします。


障子紙を剥がし終わったら、タオルで拭いて、乾燥させておきます。


小麦粉のりを作ります。水200ccに対して小麦粉大さじ1の割合で。
混ぜてから火にかけます。


小麦粉のりを作るのも今日がはじめて。どれくらいまで火を入れたらいいのでしょうか?
とりあえず、トロっとしてきて、こんな感じになりました。


さぁ、障子紙を貼っていきましょう。位置を固定するために端にテープで障子紙を固定します。
糊付けをしながらロールを転がして貼っていきます。


こんな感じで貼れました。
なんか、たわんでいるけど大丈夫なのかしら…。


半乾きの状態で、余分なところをカットしていきます。ここが一番難しいし、慎重に進めたいところですよね。
不器用なので相方におまかせしちゃいました(笑)


ちょっと、カッターの切れ味が悪くない?


仕上げに、霧吹きで水を吹き付けます。


完成。
なんかシワが気になるんですけど。

障子の張替えも業者に頼むと結構お値段がかかりますが、自分達でやるのは手間と出来栄えが…。
とりあえず、無事に終わってよかったです。

関連記事:プラスチック障子で障子の張替えをしました

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク