「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んでみた

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」、数年前に話題になってから読んでみたいと思っていたものの購入タイミングを逃し、最近になってようやく手にしました。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

もうすでにこの書籍を読まれた方にはいまさらですが、なかなか面白かったです。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」 目次

挫折せずに最後まで読める会計の本
この本は、「会計が嫌い」「会計が苦手」「会計を学んでも意味がない」と思っている方のためにあります。「会計」はけっしてやさしいものではありませんが、《会計の本質的な考え方》はそれほどむずかしくはありません。本書では、日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えはじめることで、会計の重要なエッセンスを学んでいきます。
本書は、いわゆる「会計の入門書」ではありません。細かい財務諸表はひとつも出てきませんし、専門用語もそれほど多くはないので、気を楽にして、ひとつの読み物として読んでみてください。きっと会計に対する見方が変わるはずです。

【目次】
プロローグ どうして「会計」はむずかしいのか?
エピソード1 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
          ――利益の出し方――
エピソード2 ベッドタウンに高級フランス料理店の謎
          ――連結経営――
エビソード3 在庫だらけの自然食品店
          ――在庫と資金繰り――
エピソード4 完売したのに怒られた!
          ――機会損失と決算書――
エピソード5 トップを逃して満足するギャンブラー
          ――回転率――
エピソード6 あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか?
         ――キャッシュ・フロー――
エピソード7 数字に弱くても「数字のセンス」があればいい
         ――数字のセンス――
エピローグ 普通の人が「会計」を学ぶ意味

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ感想

会計学の本と言うよりは楽しい読み物として、身近なことが違って見えてくる良書です。エピソード1では、書籍のタイトルになっているさおだけ屋はなぜ潰れないのか?どうやって利益を出しているのかと誰もが不思議に思う答えがきちんと説明されていました。それでいて、会計の話をきちんと整理されていて、本当に面白いです。

ベッドタウンに高級フランス料理店があり、お客さんが入っているのをあまり見たことがないのに全然潰れないお店など、そんなカラクリがあったのかと思わずはっとさせられました。

そして、そんなエピソードに絡んで会計の話がわかりやすく書いてあります。会計に全く携わったことがない人でもかなり読みやすいと思います。

企業経営だけでなく、家庭でも役立ちそうな情報がたくさんあったのでいくつかご紹介すると

節約は絶対額で考える
1.1000円のモノを500円で買う
2.101万円のモノを100万円で買う

わたしは、実生活において、2を選んでしまいがちです。高額な商品になればなるほど、せっかく買うのだからいいものを♪となってしまうんですよね。

毎日10円節約したとしても、1年間で3650円。1年間に1度1万円の節約をしたほうがトータルでは節約できることになるという単純なことなのですが、意識していなかったです。

「節約は絶対額で考える」覚えておくことにします。

「損をしないために在庫を減らす」

企業の在庫管理は家庭でも応用できることが書いていて、数ヶ月前に買って以来一度しか使っていないマヨネーズとか、まとめ買いしたたまねぎとか、無駄に腐らせてしまって他の食品をダメにしてしまうことがないようになどということが書かれてありました。

在庫を減らすというのは、結構難しくて全くないとそれはそれで不便なのですが、多すぎると場所を取るし、廃棄しないといけなかったり、なかなか調整が難しいんですよね。わたしの場合、食材はメモを書いて計画通りに購入するようにしているので、重複しないようになりましたが、化粧品のサンプルとかが捨てられずにあちこちの引き出しに入っていたり、着なくなった洋服がそのまま箪笥に入っていたりします。整理好きは節約上手と言いますが、その通りだと思います。

とにかく、ためになることも書いてありますが、さおだけ屋がどうして潰れないのか?お客さんがあまり入っていない高級フランス料理店がどうして潰れないのか?在庫だらけの自然食品店がどうして潰れないのか?面白かったです^^

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク

コメント

  1. 結花 より:

    はじめまして、いつも記事を参考にさせてもらってます♪
    家計簿をつけ始めたり、株をちょこっと購入してみたり、生活が感化されております^^
    今回の本もとても気になります。アマゾン、ロープライス・・買っちゃおうかな~と思案中です。

  2. myu より:

    あまり参考にならない記事ばかりですが
    読んでいただいて本当にうれしいです^^

    ありがとうございます。

    読み物として面白い本なので実用的ではないかもしれませんが
    会計本の取っ掛かりとしてはかなり気軽に手にとっていただけると思います♪

  3. saya より:

    この本が流行していた当時に
    読みました(o^^o)

    ほんと、1000円以下の買い物は
    10円安いとか
    気にしなくて良いって
    かなりバッサリ切り捨てられた感が
    ありましたが
    実はその通りなんですよね~

    10円単位で切り詰めていても
    お洋服1着買ってしまったら
    大きくマイナスになっちゃいますもんね(・.・;)

    絶対額!私ももぅ一度ちゃんと
    意識しないとです!!

    高級料理店の潰れないからくりが
    一番印象に残っています☆

  4. myu より:

    そうなんですよね。
    10円単位の節約よりも大きい金額を節約したほうが
    効果大。

    でも、なぜか小銭の方が気になってしまうんです(^^;)
    節約は絶対額。忘れないようにしないといけないです。

    高級料理店の潰れないからくりも
    おもしろかったですね^^