細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2013を買った

少し気が早いですが、来年の家計簿を買いました。去年と同様、細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2013 (LADY BIRD 小学館実用シリーズ)にしました。

つけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2013

飽きっぽい性格なので、この「つけるだけで「節約力」がアップする家計ノート」に出会う前までは、パソコンで家計簿をつけてみたり、iPhoneのアプリを使ってみたり、普通のノートを家計簿代わりにしてみたり、市販の手書きの家計簿を使ってみたりしましたが、なかなか続けることができませんでした。

でも、この家計簿に出会ってからは、継続するのが億劫ではなくなって、家計簿を書くのが習慣になりました。

継続は力なり

来年もこの家計簿にお世話になりたいと思います。

目次

  • 概要
  • 気になる中身
  • 2012年と変わったところ
  • 今からはじめたい人に朗報
  • 関連リンク

概要

大人気! 細野式家計簿の最新版

700万部突破の、経済、教育、投資などのカリスマ講師による家計簿が最新バージョンで登場!

家計を節約する方向へ導く細野式計算法や、
つけやすさを徹底的に追求したページレイアウトが好評で、
2010年版、2011年版、2012年版は瞬く間に完売しました。

2013年版は新たに、「3つ折引き出し 年間収支計算法」などを加え、
人気だった「『節約力』を磨くための金額コラム」も最新バージョンにリニューアルしました。
さらに特別講義「消費税アップ前に知っておくべき家計術」では、最新の経済状況に応じた家計のやりくり法を伝授します。

読者はがきのアンケート結果では、この家計ノートをつけたことによって、年間平均で13万7000円の節約効果がありました。
計画的に家計の黒字を増やしていく力、「節約力」をぐんぐん磨くことができます!

細野真宏の世界一わかりやすい株の本」や「カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編
」で有名な細野真宏さんが作った家計簿です。

気になる中身

気になる中身ですが、とってもシンプルです。

1ヶ月の流れ
家計簿の中身
・カレンダー
・1週間単位の家計簿記載ページ
・生活費・特別出費・固定費のまとめページ

2013年の収支一覧表
まとめページを巻末の収支一覧表に転載することで年間の収支が見通せるようになっています。以前のバージョンは一覧表が見開きになっていてちょっと書きにくかったですが、今度は1ページになって書きやすくなっているみたいです。

細野さんの家計簿の一番の特徴は、生活費・特別出費・固定費にわけることで、ベース支出を意識させ、ベース収支を上げるのを目的としています。1ヶ月で1,000円ベースが下がれば、1年で12,000円の削減。ベース収支を上げるのは結構難しいですが、意識してやると効果は大きいと思います。

また、固定費を週単位の家計簿に記載しなくていいので、銀行の引き落とし日を確認して家計簿を記載するという作業が簡略化されます。

2012年と変わったところ

2012年版と変わったところといえば、レシートポケットが2012年版は巻末だったのに、2013年は巻頭にきています。わたしはあまり使わないのでちょっと邪魔…。

それから、2012年版にはなかった「家計簿の上手な使い方~実践編~」が追加となっています。「給料日が1日ではないときはこう使う」「カード払いのときはこう使う」など。

2012年のコラムは「節電、復興、円高時代のお金の増やし方」でしたが、今回の2013年は「消費税増税時代の家計のお金の考え方」です。

直近の家計の問題と言えばやはり消費税増税をどう乗り切るかと言うことだと思います。興味がある内容だったので楽しく読ませていただきました。

今からはじめたい人に朗報

家計簿を切りよく1月からはじめたいと思う方も多いかもしれませんが、12月・1月は1年の中でもっとも支出が多い季節になります。家計簿をはじめて挫折するのは、せっかくはじめたのに支出が多くてイヤになったと言う人も多いみたいなので、できれば、支出の少ない10月ぐらいからはじめたほうがいいかもしれないです。

この家計簿を購入した人に、p12ページ「2013年1月より前からつけたい派は、こう使う!」という項目に、期間限定で2012年用の10月分・11月分・12月分の3か月分をインターネットでダウンロードできるようにしてくれているので、今すぐつけたい人はぜひ利用してみてください。URLとパスワードはp.12に書いてありますよ。

関連リンク

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク