レンタルサーバをxrea+からロリポップへ移転

ロリポップ

激安サーバで有名なバリュードメインのxrea+を利用していたのですが、使いこなせずにロリポップへ移転しました。

わたしが利用しているCMSはWordpressなのですが、xrea+だとセーフモードになっていて、.htaccessの設定が必要になったり、キャッシュ系のプラグインがうまく動かなかったり、いろいろと設定しているうちにサイトの表示が重くなったり、表示されなくなったりとトラブル続き…。

こういう風に書くと、xrea+が悪いように聞こえてしまうかもしれませんが、xrea+は価格が安く使いやすいと結構評判がいいサーバなんです。まぁ、ただ単にわたしに知識がないというだけで。

ということで、自分に見合ったサーバに移転しようと、ポップなデザインがかわいいロリポップへ初のサーバ移転をしました。

見た目は全然変わらないかもしれませんが、もう移転済み。初めてだったので戸惑いながらでしたが、わかりやすい解説があったので素人でもできました。

ロリポップ、これからお世話になりますm(_ _)m

xrea+からロリポップへ移転して変わったこと

マニュアルがとってもわかりやすい

xrea+は上級者さんを対象にしているのか、マニュアルらしきマニュアルがなくてとっても苦労したのを覚えています。でも、その点ロリポップは初心者さんにもやさしい作りでマニュアルが豊富。

WPやMTが簡単インストールできたりと、とっても使いやすいという印象です。

セーフモードの切り替え

ロリポップの場合は管理画面からセーフモードを「on」「off」できるようになっています。xrea+はこれができずに.htaccessを設定したりが必要だったのですが、それが不要になりました。だから、キャッシュ系のプラグイン「wp super cache」を簡単に導入することができて、ちょっぴり表示が速くなったような気がします。

ロリポップのチカッパプラン

わたしはロリポップのチカッパプランに申し込みしました。
このブログの記事も600件を超えて、最初のころ画像を大きな解像度でアップしていたのでxrea+だと容量が足りなくなりそうだったのですが、チカッパプランは60GB。まだまだ記事を書けそうです。

テーマを編集すると403が出る

WordPressのテーマ編集を管理画面で行って更新をクリックすると、403が出て更新ができませんでした。調べてみると、「WAP設定」が「有効」になっていたのが原因でした。

WAFとは、Webアプリケーションのやり取りにおいて不正侵入を防御することのできるファイアウォールのことです。

newがついていたので、新しくはじめたサービスみたいです。

ロリポップでWPのテーマを編集するときの方法としては、FTPでファイルを上げなおすか、編集するときだけロリポップの管理画面のWAP設定を一時的に無効にして、編集が終わったら元に戻そうかと思います。

バックアップは不便…

xrea+の場合はデータベースのバックアップが管理画面からできて簡単だったのですが、ロリポップの場合はそれができないみたいなんです。phpMyAdminにアクセスしていちいちエクスポートするのは面倒なんですけど。(どなたかいい方法をご存じないですか?)

ということで、移転してよかったところもあり、そうでもないところもありますが、とりあえず、ロリポップでこのブログを運営していこうと思います。



節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク