「内藤忍の資産設計塾・実践編」を読んでみた

いつもブックオフで本を買うので、少し古い本が多いのですがそこのところはご了承ください。

資産設計塾
今日は、「内藤忍の資産設計塾・実践編」というのを手に取りました。

簡単に言うと、インデックス投信をはじめたい人の入門書と言ったところでしょうか。

今まで読んできた本では、例えば、勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」や佐瀬貴之さんの「だまされずにお金をふやす本当のルール」では、「国内債券」「海外債券」「国内株式」「海外株式」の4つアセットクラスに1/4ずつドル・コスト平均法で投資するのがいいと書かれていました。

それで、インデックス投資に興味を持ったわけで、ただ、アセットクラスに均等に配分しろと言われても、具体的にどのファンドを選んだらいいのか、どの金融商品を選んだらいいのかわからなかったので、この本を手にしました。

目次
第1章 夢・目標を決めて必要金額に落とし込む
第2章 10万円と3種の商品で運用を始める
第3章 本格的な資産設計に向けて準備する
第4章 運用資産のポートフォリオを作り上げる
第5章 自分の資産設計をさらにレベルアップする


10万円からはじめても1000万円でも使える本格運用法。資産設計アドバイザーが自ら実践するプロの分散投資技術を公開
成功する秘訣は銘柄選択よりも資産配分。もう資産運用で悩まなくてもいい。
今日から初めて計画通りに1000万円つくる

読んでみた感想は、もうお腹一杯です(笑)
かなり実用的な1冊だと思います。各金融商品のメリット・デメリットはもちろん、どのようにポートフォリオを作り上げていけばいいのか、どのようにステップアップしていけばいいのかが具体的な事例とともに掲載されていました。

ただし、2005年に初版が出版されているので、この本に記載されているインデックス・ファンドの情報は古く、今ではもっと信託報酬が低いファンドがたくさんでていたり、著書がマネックス・ユニバーシティの代表取締役社長だったころに執筆されているので、紹介されているファンドはマネックスのものにちょっぴり偏りがあったりします。

なので、自分で信託報酬の安いインデックスファンドを探そうとは思いますが、インデックス投資をこれからやろうという人だけでなく、投資を今からはじめてみようと思う人にはいいかもしれません。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク