投資初心者でもできた SBI証券でNISA口座開設

NISA(小額投資非課税制度)が開始されました。投資初心者ではありますが、株や投資信託の売買益や配当金などが非課税になるということで、メインで利用している証券会社のSBI証券でNISA口座を開設しました。

スポンサーリンク

NISAとは

NISAとは2014年からはじまった「少額投資非課税制度」です。最大500万円分の投資枠から得られた利益に対して税金が非課税になる制度なのでしっかりと活用したいところです。

では、どれくらいお得になるかというと、通常、上場株式や投資信託などの配当金や売買益については、20.315%の税金がかかります。

NISAを申し込む時の最大の注意点 配当金の受領方法は「株式数比例配分方式」にすること!

せっかくNISAに申し込んだのに、きちんと説明書きを読んでいないと税金がかかってしまう場合があります。

それは、NISAで上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前に登録する必要があります

配当金の受領方法は「株式数比例配分方式」「登録配当金受領口座方式」「配当金受領証方式」「個別銘柄指定方式」があります。

株式数比例配当方式というのは、保管振替機構(ほふり)の株主情報を利用して証券口座で受領する方法です。

もし、違う受領方法を選んでしまうと配当金には通常通り20.315%の税金がかかってしまうので注意しましょう。

NISA口座の仕組み

NISA口座では年間の投資額が100万円まで非課税になります。NISA口座の商品から発生する配当金、分配金、譲渡益が5年間非課税となります。

NISA

イメージとしては上図のとおりですが、5年間の非課税期間が終了した後は、保有する金融商品を100万円を上限に翌年開設される新たなNISA口座に移管することで非課税が継続できます。

2014年からNISAを利用すると最大の非課税投資総額は500万円となります。

NISA口座は一人1口座のみ。

NISA口座のメリット・デメリット

ネットの噂ではNISAは使いにくいといわれていますが、どのような理由があるかというと

  • 他の口座との損益通算・損失の繰越控除不可
  • 非課税枠(100万円)の未使用分を翌年へ繰り越し、売却した非課税枠の再利用は不可
  • 現在他の口座(特定口座や一般口座など)で保有しているものをそのまま移管することはできない

他の口座との損益通算・損失の繰越控除不可

特定口座や一般口座をお持ちの場合、NISA口座と他の口座で損益通算、損失の繰越控除ができません。

例えば、NISA口座で損失が出て特定口座で利益が出ている場合、通常であれば損益通算を行い全体で非課税になる場合などもありますが、それができないので、逆に税金が高くなってしまうこともあります。

非課税枠(100万円)の未使用分を翌年へ繰り越し、売却した非課税枠の再利用は不可

非課税枠の年間100万円で未使用の部分は翌年へ繰り越すことはできません。最大500万円と記載されていますが、使わない分はそのまま利用できなくなります。

また、売却した非課税枠の再利用はできませんので、投資信託などを積み立てていくような投資方法であれば向いていますが、頻繁に売買を繰り返すような取引ではすぐに非課税枠を使い切ってしまいます。

取引の内容によっては使いにくい場合があることも覚えておきたいですね。

現在他の口座(特定口座や一般口座など)で保有しているものをそのまま移管することはできない

つまり、現在保有している株式や投資信託をNISAの口座に直接移管することはできません。もし、移すのであれば一度売却して利益もしくは損失を確定させて、再度NISA口座で買い付けなければいけません。

わたしの場合は、投資金額も小さいですし売買も頻繁に行うタイプではなく、投資信託の積立と長期保有目的の個別株の購入に使うのでNISA口座を開設しました。

開通までの流れ

住民票は自分で取りにいくのが通常なのですが、SBI証券では「住民票取得代行サービス」というのを行っています。住民票を取得するための時間がない方には便利なサービスです。

NISAの口座開設に必要な住民票をSBI証券がが無料で取得代行してくれます。

NISA口座お申し込み後に、SBI証券から送付されるNISA口座開設書類に同封されている「委任状」に記入し、必要書類とともに返送すればいいので忙しい人には便利なサービスです。

キャンペーン期間があるようなので詳しくはSBI証券の公式サイトでご確認ください。

わたしの場合は、キャンペーン期間対象外だったので住民票は自分で取り、送付しました。申し込みから開通するまでに1ヶ月程度かかりました。

NISA口座での購入の仕方

NISA預かり
上の画面キャプチャーは投資信託の金額買付の画面です。預り区分のに「特定預り/一般預り」と「NISA預り」のチェック項目がありますので、NISA預りを選べばNISAで買付することができます。株式の場合も同様に選択できるようになっています。

NISA画面

SBI証券では、「口座管理」→「口座(NISA)」で年間の取引金額や評価損益・売却益などが確認できるようになりました。画面も使いやすくなり、管理がしやすくなっています。

雑感

NISA口座の仕組み上、長期保有を目的とした取引には向いていますが、短期トレードなど頻繁に売買を繰り返すような取引ではすぐに枠を使い切ってしまいそうです。

NISA口座を開設する証券会社は、投資信託であれば取り扱い件数や売買手数料、ツールの使いやすさ、資金移動のしやすさ、証券会社の規模など、総合的に判断して開設してはいかがでしょうか。

わたしの場合は、メイン銀行を住信SBIネット銀行にしているので、資金移動のしやすさ、投資信託の取り扱い件数、売買手数料など総合的に判断して、SBI証券にNISA口座を開設しました。

枠を全部使い切るほどまだ投資資金は多くはありませんが、徐々に増やしていきたいと思います。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

コメント

  1. 和歌山っ子 より:

    こんにちは。いつも勉強になる記事ありがとうございます。

    以前は401Kの件、ありがとうございました。

    myuさんもSBI証券で、NISAを活用していることなので、myuさんの5年後の
    SBI証券におけるNISA活用方法を教えて下さい。

    現在のSBI証券では2014年で購入した枠も、2015年で購入した枠もインデックス
    ファンドのように積立で購入していると、一括で表示されていると思います。
    (多分、楽天証券も)

    数量単位で一括表示されていると、2014年で積立している投資がプラスかマイナス
    か分からないような状況です。
    このため、5年後の時点で、利益を確定するか、さらにNISAで5年延長(ロール
    オーバー)するか、一般口座に移設するか、の3つの判断がなかなか難しいように
    思えます。

    しかも1年という期間でもあがったりさがったりするので、場合によっては2014年
    の半年分の数量(一部分のみ)だけ、ロールオーバーというのもありえるのか?と
    も考えたりします。

    そこで、myuさんはNISA口座で買ったファンドをどういったルールで
    5年後の時に判断する予定ですか?

    参考までに、SBI証券に問い合わせたら、「払い出される時期となりましたら、WEBサイトを通じて、ご案内する予定となっておりますので、何とぞご理解のほどお願い申し上げます」との回答でした。(5年後のSBI証券からの案内内容で判断するのも一つだと思っています)

    NISAが恒久だったらこんな問題はないのですが、5年という縛りがあるので
    前々から気になっていました。

    お時間あるときでいいので、myuさんの戦略を参考までに教えて下さい。

  2. myu より:

    和歌山っ子さん、こんにちわ。

    わたしのような投資初心者にかなり難しい問題、正直頭を悩ませました。

    まず、
    >現在のSBI証券では2014年で購入した枠も、2015年で購入した枠もインデックス
    ファンドのように積立で購入していると、一括で表示されていると思います。

    SBI証券では、2015/1/16~NISA口座での年度別収支や取引に関する専用画面「NISA口座管理」がリリースされていて、2014年以降のNISA口座での投資額、損益、評価額を確認を確認できるようになっています。

    勘定設定年ごとに保有証券も確認できますので、ログイン後画面の「口座管理」→「口座(NISA)」をご参照ください。

    >myuさんはNISA口座で買ったファンドをどういったルールで
    5年後の時に判断する予定ですか?

    ↑NISAにあたっては、出口戦略が最大のデメリットだと思っています。なぜなら、損益通算できないというのがNISAの最大のデメリットだからです。

    これは、まず、どのようにNISA口座を利用しているか?ということが重要だと思います。

    わたしの個人的な意見としては「NISAは超長期投資には向かない」という観点から、
    インデックス投資(株)の超長期投資には→特定口座もしくは一般口座
    スポット購入もしくは債券投資→NISA口座
    と思っています。

    なぜなら、資本主義は景気の波があっても「必ず膨張する」と言う考え方を持った、超長期投資(30年単位)の場合、インデックスファンドでドルコスト均等法で積み立てた場合、必ず下落する局面があるからです。(10年ごと、20年ごと、75年~100年といった波動)

    その下落局面に5年目を向かえた場合、損益通産できないNISAにはデメリットしかありません。

    そうなると、出口戦略は決まっており、
    移動平均線の上にあり上昇局面であれば→ロールオーバー
    上昇局面・下落局面判断つかない場合→半分利益確定・半分ロールオーバー
    下落局面→損切り

    あまり、損失を抱えたまま持っておくということが性格上できないので、下落局面になれば迷わず損切りしようと考えています。

    といっても、わたしは資金があまりないので、それほどNISAは活用できていませんが(笑)

    >NISAが恒久だったらこんな問題はないのですが、5年という縛りがあるので
    前々から気になっていました。
    ↑NISAはまだはじまったばかりなので、5年後にどうなるかはまだわかりませんね。枠が広がるとか、NISAが延長されるといったこともあるかもしれませんし。

    以前、株の売買にかかる税金が10%に下げられたとき、何度か延長されましたから、そうなればいいなと思っています。

  3. 和歌山っ子 より:

    ありがとうございました。

    >勘定設定年ごとに保有証券
    →本当ですね。ありがとうございました。

    >NISAはまだはじまったばかりなので、5年後にどうなるかはまだわかりませんね。枠が広がるとか、NISAが延長されるといったこともあるかもしれませんし

    →5年程度だと、インデックス投資のような長期投資という観点で活用することはちょっと無理があるかもしれませんね。

    ありがとうございました。これからも、ブログの記事を楽しみにしています!