死亡保障は収入保障保険に変更しようかと思っている件

あなたのFPで生命保険の無料相談を受けてみたり、保険は今より6割安くできる! 保険会社の社員が家族にしか教えない保険の「超」見直し術を読んでみたり、主人の死亡保障をどうしようか見直し中です。

費用を抑えて必要な保障額を確保したいということで、現在の定期保険から収入保障保険(死亡保障)へ切り替えようかと検討中なんです。

収入保障保険というのは、被保険者が死亡されたときに、保険期間満了まで年金が毎月支払われる保険です。

保険は四角、貯金は三角と一般的にいわれるように、定期保険の場合は

定期保険
teikihoken

10年ごとに自動更新され、毎月の保険金額も更新ごとにあがっていきます。

収入保障保険
syuunyuu

定期保険とは違い、収入保障保険は保険期間の経過とともに年金受取額を逓減させることで保険料の負担を押さえるので、残された家族にかかる費用の総額に応じて逓減させることで保険料が安くなります。

受け取る際は、給付される保険金が、毎月の収入のように一定額ずつ出され、遺族が受け取ることができるようになっています。

保険期間は60歳や65歳までといった、加入時に決めた期間のあいだ、被保険者に万が一のことがあった月から、保険金が支払われるものとなります。

我が家の場合は現在10年定期保険で1,000万円しか加入しておらず、保障金額は増やしたいけれども、費用はできるだけ抑えたいということで収入保障保険を検討しています。

貯蓄は一応最近毎年プラスで推移しているので、年齢を重ねれば貯蓄でカバーできるのではないかと考えています。

収入保障保険のメリット

・月々の保険料が安い
・毎月年金のように保険が給付されるため生活費のサポートになる

収入保障保険のデメリット

・保険加入から年月が経つともらえる給付金が減っていく

収入保障保険はこんな人に向いている

・小さな子供がいて保障は充分に確保したいけれど保険料は安くしたい人
・万が一のときに一括で保険金を受け取るのが不安な人

数週間前に保険の見直しで「あなたのFP」さんから依頼したFPさんに来てもらったのですが、他のFPさんの意見も聞きたいと思い、FPさんに来てい...

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>

スポンサーリンク