サブバンクにオリックス銀行の口座開設

メインバンクは目的口座が作成できて、コンビニのATM手数料が無料の住信SBIネット銀行を利用していますが、サブバンクとしてネット銀行の中でも金利が高いオリックス銀行に口座開設を申し込みました。

スポンサーリンク

オリックス銀行の特徴

オリックス銀行は、特定分野に強みを発揮する銀行として、お客様のニーズにマッチした特色のある商品・サービスを提供しています。取り扱い商品は、高水準な金利のネット専用円定期預金・カードローン・不動産投資ローンなど。

オリックス銀行は通常の銀行のように通帳やキャッシュカードは発行されません。入出金はすべて振り込みで行われ、銀行のATMから直接お金を引き出すことができない銀行です。

定期預金に特化しているので、他のネット銀行よりも利率が高く、普通のネット銀行は夏と冬のボーナス時期だけ定期預金の金利を引き上げるキャンペーンを行いますが、オリックス銀行の場合は年間を通して金利が高いのが特徴です。

オリックス銀行のメリット・デメリット

メリット
・全国どこからでも口座開設できる
・支店をもたず経営コストを下げることで、少しでも高い金利を提供する

デメリット
・通帳・キャッシュカードは発行しない
・eダイレクト定期預金の最低預入金額は100万円以上1円単位
・eダイレクト2週間定期預金の最低預入金額は50万円以上1円単位

定期預金金利の水準

2014/12/9現在 eダイレクト定期預金の金利は、6ヵ月物0.25 %、1年物0.27%、2年物0.35%、3年物、5年物は0.40%となっていて、ネット銀行のなかでは比較的高めの金利設定といえます。

ATMは利用できない

通帳・キャッシュカードを発行しない珍しい銀行です。入出金はどうするかというと、すべて振込みです。メガバンクや地方銀行などから振り込もうと思うと振込手数料がかかってもったいないですが、わたしの場合は、住信SBIネット銀行なので、月に3回まで振込手数料が無料なので、住信SBIネット銀行から入金しようと思います。

また、出金はどうするかというと、これまた振込しかありません。ちなみに、オリックス銀行では、他行宛ては月2回まで無料となっているので、それを利用しようと思います。

ちなみに、楽天銀行あてはこの無料2回が使えず、1回目から400円+税がかかるので注意が必要です。

eダイレクト定期預金の特長

  • 安心の元本保証で高水準な金利を実現。
  • 通帳、キャッシュカードは発行せず、各種お取り引き・残高照会はインターネットで対応。
  • お預け入れ期間は、6ヶ月から5年の間で自由にお選びいただけます(最低預入金額は100万円以上1円単位となります)。
    出金する際も、インターネットからの手続きです!
  • 他行あての振込手数料は月2回まで無料、3回目以降は1回432円(消費税込み)をご負担いただきます。
    ただし楽天銀行宛ての振込手数料は無料の対象外となります。
    1回あたり432円(消費税込み)をご負担いただきます。

eダイレクト定期預金の最低預け入れ金額は100万円以上ということである程度まとまった金額の定期預金を組みたい方、少しでも利息が高い定期預金を組みたい方などに向いている銀行です。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>