【レビュー】サンキュ12月号を読んだ感想

Sonyの電子書籍ストア「Reader Store」で12月末までの期間限定ポイントがあったので、現金では絶対に買わないであろう雑誌「サンキュ12月号」を買いました。

こういう節約雑誌は以前は購入していた時期もあったのですが、毎回それほど内容が変わらないというのと、すでに読みすぎてお腹一杯感があったのですが、久しぶりに読んでみると初心に帰れるような気がします。

スポンサーリンク

2014年サンキュ12月号の内容

P1040394

  • 『サンキュ!』12月号はプレゼントも豪華なクリスマス特大号
  • 編集部総力取材!2014年いちばん貯まるテクをまとめた最強お金大特集
  • とじ込み付録は特売肉でできるごちそう肉おかず
  • これからの季節に「イベントシーズンでも食費が安い人の一週間献立」
  • 年末小掃除やクリスマスケーキなど季節情報もいろいろ
  • 「金券」「おもちゃ」「肉&ビール」豪華プレゼント企画も!

サンキュ12月号を読んだ感想

まず思ったのが付録のカレンダーがかわいかったです。これなら電子書籍版ではなく書籍で購入すればよかったかもと少し思いましたが、付録目的で雑誌を購入するんだったら普通にカレンダーを買った方がいいかも、とすぐに思い直しました。

「100円&300円グッズでプチ手作り」
よく、こういう節約雑誌には100円ショップや300円ショップで購入したグッズを上手に活用してインテリアを楽しむページがありますが、我が家は何も無い空間を目指しているのでスルー。

予約のとれない人気和食店「賛否両論」笠原将弘さんの「骨つき鶏もも肉のから揚げ」のレシピが掲載されていました。笠原さんの和食本は1冊購入したことがあり笠原将弘の 30分で和定食のレシピで作ってみたりもしたことがあります。笠原さんのレシピは我が家では結構評判がよくて、和食の苦手なわたしを手助けしてくれます。笠原さんのレシピがサンキュで連載されていることを始めて知りました。

「金券」「おもちゃ」「肉&ビール」豪華プレゼント企画も!ということでページをめくるとどうやら12月号と1月号の購入が必要なようです。このページもスルー。

編集部総力取材!2014年いちばん貯まるテクをまとめた最強お金大特集
やはりお金を貯めたい人はこのページが一番気になるのではないでしょうか?
・コスパ第一で
・ライフプランを書く
・がらーんとした家が貯まる
・食費3万円の人が増えている
・マインドチェンジ

この5つが主なキーワードのようです。

一番共感できたのが、「がらーんとした家が貯まる」というページ。えぇ、我が家もガラーンとした空間で暮らしているので、同じような方がいてうれしいです。「1000万円貯めた人の10の共通点」を参考にして、わたしも1000万円を目指したいと少しモチベーションがアップしました。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>