【節約術】自称節約主婦だけど料理作りが苦手なわたしでもできる食費の節約

自称節約主婦のmyuです。皆さんこんにちわ。節約主婦と名乗っていますが、節約修行中の身のわたし。特に食費の節約が苦手なのはこのブログを読んでいただいている方は周知の事実だと思います。

なぜ食費の節約が苦手かといいますと、料理が苦手なんですよね。専業主婦なのに、節約主婦なのにいつも食費の節約には悩まされています。

ですので、節約雑誌などを読むと、「3人家族で食費が2万円台」だとか、「4人家族で食費が3万円台」の家計簿を見ると、「どうやってそんなに節約しているのだろうか?」と不思議に思います。

さて、そんな料理が苦手なわたしでも、食費の節約に取り組んでいることはもちろんありますので、あまり参考にならないかもしれませんが、最後までお付き合い願いたいと思います。

スポンサーリンク

実家からお米を調達できない人必見!ふるさと納税でお米を手に入れよう!

節約雑誌の節約主婦さんの家計簿を見ると、食費がすごく少なくて驚かされるのは先ほども書きましたが、実は「お米は実家から送ってもらうんです」とか、「実家が農家で野菜を送ってくれるんです」とか「自宅の庭で家庭菜園をやっているんです」なんてこともチラホラ。

でも、それって普通の家庭じゃなかなかマネできませんよね。

ということで、わたしが実践しているのはふるさと納税です。

テレビでもよく話題になっているのに、意外と実践していない方が多いというのが不思議でなりませんが、ふるさと納税は実質2,000円の負担で地域の特産品がもらえるのでとってもお得な制度です。政府の主旨とは異なるのでしょうがお得なのだから利用しましょう!

まだふるさと納税を試していない方、どういう仕組みかわからない方は↓の記事をご覧ください。

ふるさと納税は実質2,000円の自己負担で地域の特産品がもらえるというお得な制度です。
今年の平成27年4月1日から、ふるさと納税ワンストップ特例制度がはじまりました。

わたしの場合はやっぱりお米は必ず注文します。できれば還元率の高いところを狙いたいですが、家族がお米にうるさいものでブレンド米などは避けて、コシヒカリやななつぼしなんかを注文しています。

実際に一昨年は還元率50%のお米を見つけたのでそれを注文しました。

皆さん、ふるさと納税はやっていますか?

10kgあれば我が家では1ヶ月分ぐらいはありますのでやっていない方はぜひやってみてください。

また、3万円の寄付で返礼品がお米60kgなんていう自治体もあるのですが、人気がすごく高くてすぐに品切れになってしまいます。60kgあれば我が家だと半年分ぐらいはあるので、かなり節約になります。わたしも狙ってはみるものの、なかなか競争率が高くて難しいんですけどね。

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントをジェフグルメカードへ交換する

楽天市場で買い物をすると貯まる楽天スーパーポイント、皆さんは貯めていらっしゃいますか?わたしは、楽天市場でたまですが買い物をします。そして、買い物をするときは定期的に開催されている楽天スーパーセールを狙います。

楽天スーパーセールだとポイントが10倍になる店舗も増えて貯まりやすいですから。

楽天スーパーセールも頻度が多くなってお得感が薄れがちになってはいますが、「ポイント○倍」を狙って何店舗も買い回り、セールを活用されている方も...

けれども、楽天スーパーセールで買い物をするともらえるポイントは確かに増えるのですが、期間限定ポイントがネックです。欲しいものがなかったり、金額が少ないと使いにくいですね。

そんなときに利用しているのが、節約主婦さんには定番のジェフグルメカードの購入です。

ジェフグルメカードは、大手のファミリーレストラン、ファストフード、居酒屋などの外食チェーン店を中心として、全国35000店舗で使える便利な全国共通お食事券です。

この、ジェフグルメカードは、ガストやデニーズ、ココスやロイヤルホストなどの洋食系レストランから、夢庵や和ぐるめんどの和食系レストラン、日本海庄や、和民、魚民などの居酒屋系などいろいろな店舗で使えます。

参考 主な加盟店情報|全国共通お食事券ジェフグルメカード

さらに、使用期間がないということ、それにグルメカードで支払ってもおつりがもらえるということ、この2点が特に人気がある理由です。

このジェフグルメカードを貯めておくと、子どもたちの好きなガストやモスバーガーなどに利用できるので外食代の節約になります

実際にどこで楽天スーパーポイントでジェフグルメカードを買うかというと商品券販売センターというショップで購入します。

参考 商品券販売センター

他のショップだとまとまった金額からの購入ができないのですが、このショップだと1枚から購入可能なんです。1枚 505 円(税込)でメール便で送ってもらうと別途送料120円。

商品券販売センターではその他の商品券も販売しているので、ポイントがたくさんあるときは他のものでもいいのですが、ジェフグルメカードが一番安くていいんですよね。

ここも人気があるのですぐに品切れになってしまうことが多いので、ポイントがあるときはこまめにチェックしています。

JCBギフトカードやVISAギフトカードはイオンの食料品に利用できる

本当に極稀にいただくことがあるJCBギフトカードやVISAギフトカードの商品券。皆さんはどのように利用されていらっしゃいますか?

わたしの場合はもらう前からすでに決まっていて、イオンのスーパーで利用しています。

そうなんです、イオンのスーパーマーケットだと商品券でも食料品を購入することができるんですね。

ついつい、商品券があるからとデパートに出かけたりなどはいたしません。

例えば、3,000円のギフト券をもらったら財布の中から3,000円を抜き、商品券を財布へ。抜いた現金は銀行へ戻しています。

WAONポイントを貯める

食料品の買い物は普段イオンを利用しているのでWAONポイントを貯めています。ポイント5倍デーなどを利用すると、毎月4・5万円は食料品に使っているので結構貯まります。

イオンセレクトカードを持っているのでイオン銀行からのオートチャージにすると2倍貯まるのは知っているのですが、ポイント欲しさにオートチャージにしてしまうと支出が増えて結局逆効果になってしまうので、イオンセレクトカードを持っているにも関わらず普通にWAONカードとして利用しています。

最近だと、いちいちチャージしなくてもWAON POINTカードとして利用できるので、カードを提示して現金で支払っています。

貯まったWAONポイントは、家族の誕生日ケーキを買うのに利用しています。イベントのときは食費が高くなるので、助かっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?食費の節約といえば、スーパーの割引シールが貼られたものを買ったり、価格の安い鳥胸肉や豆腐などを使ったかさまし料理だったり、いろいろとありますが、たまには楽な食費の節約を試してみてはいかがでしょう?

お金の流れを把握するための家計管理、皆さんはどのような家計管理をやっていらっしゃいますか?

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>