【2017年】楽天ポイント攻略ガイド、主婦が実際に貯めてみてわかったポイントが貯まりやすいサービス貯まりにくいサービス

基本的にポイントを貯めるときは、よく利用するポイントを集中的に貯めるのが一番効率的。

わたしの場合は、10年前に楽天カードを作ってから、楽天市場にも楽天カードにもずっとお世話になっています。

最近では、楽天リーベイツや楽天モバイルなど、楽天ポイントが貯まるサービスがどんどん増えて、以前よりも更にポイントが貯まりやすくなっています。

また、ネットの買い物だけでなく実店舗でも利用できる楽天ポイントカードや楽天edyなどポイントが貯まるサービスがリアルにも展開。

ということで、今回は、【2017年】楽天ポイント攻略ガイド、主婦が実際に貯めてわかった、ポイントが貯まりやすいサービス貯まりにくいサービスということでまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ポイントが貯まりやすいサービス

楽天ポイントが貯まるサービスはたくさんありますが、わたしが実際に利用してポイントが貯まっていく実感があったサービスはこちらです。

  • 楽天カード
  • 楽天のセール
  • 楽天アプリ
  • 楽天モバイル
  • 楽天リーベイツ
  • ポンカンルール

楽天カード

楽天ポイントを貯めたいと思ったら、必須アイテムはやはり楽天カードでしょう。

楽天カードは還元率1%と普通のカード(還元率0.5%)と比較すると、還元率が比較的高いカードです。(年会費無料)

わたしの場合は、固定費の支払いをクレジットカード払いにしているので、自然とポイントが貯まる仕組みになっています。

2017年家計簿予算からクレジットカードで支払う固定費を抽出してみると

年間の保険料 139,677円
ガス代 80,000円
IP電話 12,000円
携帯電話代 220,000円
その他固定費 30,000円
家具・家電 50,000円
合計 531,677円

およそ53万円の固定費に対して楽天カードの還元率は1%ですから、年間5,300ポイントになります。

関連記事:【節約術】光熱費や保険などの固定費はクレジットカード払いでポイントを貯める
外部リンク:楽天カード

楽天のセール

楽天市場で買い物をするときは、「楽天スーパーセール」「楽天大感謝祭」「お買い物マラソン」などのセール時期を狙いましょう。

楽天のセールは、だいたい月に1回、第1週の週末に開催されることが多いです。

特にポイント10倍のお店はポイントが貯まりやすいので、価格・送料・もらえるポイントを比較しながら、買い物をしましょう。

例えば、価格は一番安くても送料別が結構あります。価格と送料の合計の中で安価なショップを探し、さらにもらえるポイントが高いお店がねらい目です。

また、買いまわりには注意書きがあり

1ショップ合計金額が1,000円(税込)以上」「ポイント数の上限が10000ポイント

この2点は押さえておきましょう。

500円の商品を購入しても買い回りの対象とはなりませんし、逆に10万円以上の高額商品を購入したとしても付与される買い回りのポイントの上限は10,000ポイントです。

では、それを踏まえて買いまわりを最大限に活用できるのは高額商品の購入時です。

例えば、
1店舗目 91,000円の商品購入
2店舗目~10店舗目 送料無料1,000円ポッキリの商品購入

上記の商品を購入した場合、通常ポイントが1,000ポイント、期間限定ポイントが9,000ポイントもらえ、2店舗目~9店舗目までの商品を実質無料で手に入れることができた計算になります。

関連記事:楽天スーパーセール活用術 買い回りフル活用でポイント大量取得

楽天アプリ

かなり以前はポイントサイトを経由して楽天市場で買い物をしていましたが、楽天アプリが登場してからは、楽天アプリ経由で楽天市場で買い物をするようにしています。

楽天アプリを利用するとポイント1倍。

ポイントサイトを利用するとポイントサイトのポイントが貯まりますが、楽天アプリだと楽天ポイントが貯まるので効率的にポイントを集めることができます。

楽天市場 ショッピングアプリ いつでも毎日ポイント7倍!

楽天市場 ショッピングアプリ いつでも毎日ポイント7倍!
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted with アプリーチ

楽天モバイル

主人の携帯電話をキャリア携帯から楽天モバイルへ変更しました。

楽天モバイルを利用すると

  • 楽天モバイルの利用料金でポイントが貯まる(100円につき1ポイント)
  • 楽天モバイルを利用すると、楽天市場での買い物が+1倍。

更に、貯まったポイントを楽天モバイルの支払いに充てることができるので携帯電話代を節約したい我が家にはうってつけでした。

期間限定ポイントを使い切らずに失効させてしまうことがありましたが、楽天モバイルの支払いでは、期間限定ポイントも利用することができます。

これで、期間限定ポイントの消化のために無駄に買い物をするというのも減りますし、携帯電話代がポイントで支払えるので格安SIMで節約し、さらにポイント支払いで節約できます。

関連記事:ソフトバンクから楽天モバイルへMNPするときに使えるキャンペーンを調べてみた

楽天リーベイツ

うちの場合、ネットで買い物をするのは楽天市場だけではありません。ベルメゾンも利用しますし、AppleやJoshinでも買い物をします。

以前はポイントサイト経由で買い物をすることが多かったのですが、楽天が提供している楽天リーベイツに変えました。

楽天リーベイツは、楽天が提携しているモールで、有名通販サイトやブランド公式サイトの買い物でも楽天スーパーポイントが貯まります。

主な加盟店は
nissen・ベルメゾン・セシール・ONWARD・ロフト・FUJITU・Joshin・Apple・iTune Store・ISETAN・三越・DHC・ファンケル、BOSE、ひかりTVショッピング、マルイウェブチャンネル、ショップジャパン、ジャパネットたかた、ディノス、イオンショップ…
など

現在、楽天リーベイツに新規アカウント作成し、初回購入2,500円以上で1,000ポイントプレゼントされるキャンペーンが実施されています。詳細は下記リンクをご確認ください。

関連記事:楽天Rebates(リーベイツ)で新規アカウント作成&初回購入2,500円以上で1,000ポイントプレゼント

楽天ポイントカード

街の提携店で、この楽天ポイントカードを提示するとポイントが貯まります。

サークルK、サンクス、ポプラ、ツルハドラッグ、IDEMITSU、DAIMARU、Matsuzakaya、Joshin、KONAKA、FUTATA、ミスタードーナッツ、PRONTOなど

わたしの場合は、携帯アプリをインストールして利用していて、ミスタードーナッツなどで使っています。

ポンカンルール

ポンカンルールというのは、1ヶ月のうちに楽天サービスを利用した数によって、楽天ポイントが2倍~4倍になるサービスです。

楽天市場、トラベル、ブックス、ケータイ版楽天市場、楽天GORA、楽天Koboの6サービスのうち、3サービス利用で2倍、4サービス利用で3倍、5・6サービスで4倍になります。

わたしの場合は、ゴルフなどはしないので、楽天市場、ブックス、ケータイ版楽天市場、楽天Koboを利用するときはエントリーするようにしています。

外部リンク:【楽天PointClub】:ポンカンキャンペーン−ポンカン攻略状況

※これは、必ずエントリーが必要になるので、楽天市場のサービスをたくさん利用する月は忘れないようにエントリーしておきましょう。

また、電子書籍の購買は「楽天ブックス」の対象外となり、「楽天Kobo」のクリア条件が適用されたり、細かな規定がありますので、ご注意ください。

ポイントが貯まりにくいと感じたサービス

あくまで個人的な意見なのですが、チマチマクリックしたり、アンケートに答えたりというのが苦手で、そういった細かい作業のサービスも一応試してみましたが、やっぱり合いませんでした。

  • アンケート
  • 検索
  • 広告を見てポイント1ポイント
  • メールを見てポイント1ポイント

それから、電子マネーの楽天edyを利用してみたことがあるのですが、ポイントがあるからといってコンビニでの購入が増えて、結局無駄遣いに繋がってしまったので今は封印しています。

もっと、自分をコントロールできるようになってから楽天edyは利用しようと思います。

まとめ

主婦から見た楽天ポイント攻略ガイドをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

この他にも、「こんな楽天ポイントの情報あるよ」という方がいましたら、コメント欄にお待ちしております。

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>