好景気だからインフレになるのではなくて、不景気でもインフレになることはあるのよ

日本はこれから人口が減るから好景気にはならない、だからインフレにはならない、なんてことをいう人がいたので、「それは違うよ!」って話。

スポンサーリンク

好景気=インフレではない

うちの主人もいうのですが、好景気=インフレと思っている人が結構います。

日銀が2%のインフレ目標を目指して金融緩和をしているので、インフレになれば好景気、好景気だからインフレになる、というイメージが強いかもしれません。けれども、インフレというのはモノの値段が上がって、通貨の価値が下がることなので、インフレだから好景気とは限らないんですよね。

インフレ(インフレーション)は、モノの値段が全体的に上がり、お金の価値が下がること。

インフレ≠好景気の理由として、インフレにはいいインフレと悪いインフレがあるという話をしましょう。

インフレには大きく分けて2種類の種類があります。ディマンド・プル・インフレとコスト・プッシュ・インフレの2種類です。

1つめのディマインド・プル・インフレは、需要が増えることで引き起こされるインフレのことで、景気の好循環がもたらすインフレです。

モノがよく売れるので品薄になる→価格が上がる→企業収益が増える→賃金が上がる→需要が拡大する。ディマンド・プル・インフレの場合は、物価上昇と共に賃金の上昇が見込まれます。

日本のバブル崩壊前は、このディマインド・プル・インフレでした。モノもたくさん売れて、商品価格も上がり、企業収益も増え、賃金の上昇もありました。

このイメージが強いので、インフレ=好景気と感じる人も多いかもしれません。

もう1つはコスト・プッシュ・インフレと呼ばれています。コスト・プッシュ・インフレは、原材料費や賃金の急激な上昇により引き起こされるインフレのことで、 企業側が生産コストの高騰による利益減少を防ぐため、供給価格を引き上げることが原因とされています。

つまり、前者はいいインフレ後者は悪いインフレです。

覚えておきたいことは、インフレにはいいインフレと悪いインフレがあり、いいインフレのときは好景気が要因ですが、悪いインフレのときは好景気、不景気の影響によるものではありません。

例えば、アベノミクスがはじまって物価が上昇しました。これは、円安のために輸入物価が上がったことや消費増税によるものですが、賃金の上昇率よりも物価上昇率が大きいために生活が少し苦しくなった感じがしませんか?

インフレにはいいインフレと悪いインフレがある

アベノミクスで生活は苦しくなったのか?

さて、インフレについて、「いいインフレ」と「悪いインフレ」があるというのは理解できたと思います。

では、次に、生活していく上でアベノミクスで生活は苦しくなったのでしょうか?それとも豊かになっているのでしょうか?

生活が豊かになっているかどうかをみるために、ここでは物価上昇率と賃金上昇率をみていこうと思います。

物価上昇率>賃金上昇率 生活が厳しくなる
物価上昇率<賃金上昇率 生活が楽になる

物価上昇率が賃金上昇率よりも高い場合は、生活にかかる費用が高くなって給料の伸びは低いので、生活者の生活水準は厳しくなります。

逆に物価上昇率よりも賃金上昇率が高ければ、生活コストが低くなるので生活が楽になります。

現在の物価をみてみよう

物価に関してはCPI(消費者物価指数)で表されます。

CPI・・・消費者物価指数
コアCPI・・・生鮮食料品を除いたCPI
コアコアCPI・・・食料及びエネルギーを除いたCPI

総務省統計局の統計局ホームページ/消費者物価指数(CPI)で発表されるので、ネットで確認することができます。

では、早速、直近の物価の動きがどうなっているのかみてみましょう。

平成29年1月27日発表の平成28年(2016年)平均の全国平均をみてみると

(1) 総合指数は2015年(平成27年)を100として99.9 前年比は0.1%の下落
(2) 生鮮食品を除く総合指数は99.7 前年比は0.3%の下落
(3) 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は100.3 前年比は0.3%の上昇

グラフで指数の動きをみてみると

CPI

安倍政権が誕生したのが2012年12月26日。そして、2013年4月から日銀の黒田総裁の金融緩和がはじまりました。

グラフを見ると、2013年は大幅に右肩上がりでしたが2014年は緩やかに、2015年からはほぼ横ばいですね。

賃金の上昇率をみてみよう

生活をしていると物価ももちろんそうですが、賃金の上昇率も家計に多大なる影響を与えます。

今度は賃金の上昇率をみてみましょう。

と、その前に、賃金の上昇率をみるときには、名目賃金と、実質賃金というのを理解しておかないといけません。

名目賃金・・・額面上の見たままの賃金
実質賃金・・・名目賃金から物価上昇率を除いたもの

名目賃金というのは、額面上の見たままの賃金で、給料が20万円であればその20万円が名目賃金です。

実質賃金というのは、その名目賃金から物価上昇を除いたものになります。

よく、名目賃金よりも実質賃金を見るべきだといわれますが、名目賃金が上がったとしてもそれ以上に物価が上昇すれば実質賃金が上がりませんから、名目よりも実質の方が生活者として、生活が豊かになったかどうかがわかります。

実質賃金 = 名目賃金 ー 消費者物価指数

実質賃金がどうなっているのかは、厚生労働省から発表される「毎月勤労統計調査」が参考になります。

自室賃金指数

平成28年2月8日発表、毎月勤労統計調査 平成27年分結果速報「時系列第6表 実質賃金指数」より

平成22年を100とした場合の実質賃金指数の表を見てみると、現金給与総額の調査産業計を見ると、平成25年は98.3、平成26年は95.5、平成27年の速報値は94.6となっています。

つまり、平成22年と比べると平成27年の実質賃金は94.6ですから、給料の上昇率が物価上昇率に追いついていないということがわかります。

なかなか、厳しい数字がでていますね。

雑感

今後の日本の物価がどうなるかなんて素人にはさっぱり検討もつきませんが、最近、無印良品が商品を値下げしたり、わたしの住んでいる地域の中古住宅が売れずに値下げされていたりするのを見ると、少しまた物価が下がっていく印象を受けています。

けれども、為替の方はというと、トランプ相場で1ドル=100円ぐらいから一旦118円ぐらいまで円安が進んで、その後反転して円高方向に。現在1ドル=113円近辺。

為替の動向で輸入物価が上下するから安定して欲しいけれど、為替は最近トランプさん次第って感じです。

今日のひとこと:いいインフレは起きないかもしれないけど、悪いインフレならありそうだよね

関連記事 日本経済研究センターの2022年の日本経済を読んでみた

節約主婦ブログ myu’s blogの管理人myuです。夫婦+子ども2人の4人家族。30代の自称節約主婦ブロガー。節約・家計管理・資産形成・ライフプランなどお金に関する情報を発信しています。about me>>