固定費の節約で年間68万円の節約に成功

結婚当初は二人合わせて500万円の借金(名義貸しなど…涙)がありました。任意整理一直線だった我が家の家計ですが、現在は持ち直して、今では金融資産が800万円を超え、少し安心して暮らせています。

b6f59a9fcce6a80a1b6e3d8dca739187_s

やはり借金があると精神的にきつく、子供2人も育てているので教育資金モロモロをどうしようか…など焦った時期もありました。そんな中、いろんな節約を試しましたが、その中で一番効果があった節約が固定費の削減です。

節約というと、スーパーをはしごして安い食材を手に入れたり、お風呂のお湯を洗濯に使って水道代を節約するなどコツコツとしたものを思い浮かべがちですが、それよりも、支出のベースを削減すること、生活に本当に必要なのかどうかを一度見直すことが借金完済の近道だったような気がします。

固定費の削減でやったこと

  • 2台所有していた車を1台に
  • 利息の安いところへ借り換え
  • 自動車保険の見直し
  • 生命保険の見直し

2台所有していた車を1台に

今は車は「一家に一台」というよりも「一人に一台」という時代になっているとは思いますが、『周りが持っているから』という理由で車を所有しているのであれば見直す価値があると思います。

なぜなら、車というのは初期費用も高いですが維持費もかなりかかります。

我が家の場合は、軽自動車2台の所有でしたから乗用車よりも年間の維持費は少ないですが、それでもtotalで計算してみるとこんなにも費用がかかっていたのかと思い知らされました。

軽自動車の年間の維持費を計算してみた

年間に車にどれくらいお金がかかっているのか計算したことはありますか?わたしは見直しをするまでトータルでいくらかかっているのか把握していませんでした。

改めて計算してみたところ

・月々の駐車場代が6,000円 × 12ヶ月 = 72,000円
・月々のガソリン代が8,000円 × 12ヶ月 = 96,000円
・車検代 1回約78,000円 ÷ 2年 = 39,000円
・車の保険代が1年間 約40,000円
・軽自動車税金 7,200円

軽自動車1台を手放すだけで、年間の支出や約25万円も節約できました

10年間だと250万円

これはとても大きいです。地方だと公共の交通機関があまり発達しておらず、また仕事で利用している場合なども環境によってどうしても手放せないこともあるでしょうが、本当に必要なのかどうか一度考えてみるだけでも価値があると思います。

「軽自動車1台を手放す」1年間で254,200円の節約

利息の安いところへ借り換え

借金が500万円あったときに借りていたところは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングです。消費者金融は今でこそグレーゾーンがなくなりましたが、その当時は年29.2%という高い金利がかかっていて、返しても返してもなかなか元金が減りませんでした。

29.2%で返済していたころは、ざっくりいうと毎月10万円返済して利息が5万円、元金が5万円といった具合なんです。

支払う利息が本当に大きいです。

最近は、利息制限法の施行によって100万円未満であれば年利18%となっていますが、もし、年利18%で100万円を借りて、元金を一切払わずに利息だけを払った場合でも

1,000,000 × 0.18 = 180,000円

1年間で18万円も利息を支払うことになります。利息って本当に勿体無いですよね。

また、クレジットカードのキャッシングもその当時は消費者金融と同様に29.2%ありました。イメージ的には消費者金融の方がブラックな感じがし、カードのキャッシングの方がクリーンなイメージがありますが、実際に支払っていた金利は消費者金融と変わらなかったんです。

そうなると、やはり支払う金利を少しでも少なくしたいと金利のやすいところへ借り換えをすることにしました。しかし、借り換えもなかなか難しく、他からの借り入れが相当額ある場合はなかなか審査が通りません。

子供の学資保険の貸付制度を利用

まずは、子供の学資保険の貸付制度で40万円借りました。

子供が生まれてすぐに郵便局の学資保険に加入していたのですが、この学資保険には貸付制度がありました。今まで支払った学資保険の金額の9割相当額程度を借りることができます。

自分が払った自分のお金なのに金利がかかるというのはなんとなく釈然としませんが、それでも消費者金融から借り入れている分が少しでも減れば利払いが減ります。

それに、学資保険の貸付制度の金利は3%と、今まで借りていた29.2%とは雲泥の差。子供のお金に手をつけるようで後ろめたさもありましたが、それでも「学資保険は絶対に解約しない」「必ず返済する」ということを心に決めて、学資保険の貸付制度で借り入れました。

40万円を1年間借りた時の利息(29.2%の場合)・・・116,800円
40万円を1年間借りた時の利息(3%の場合)・・・12,000円

差額:104,800円

40万の借り換えで年間10万円以上節約することができました。

「学資保険の貸付制度を利用」1年間で104,800円の節約

地方銀行のおまとめローンを利用

借りている金額が多かったり、所得が低いとなかなか銀行のおまとめローンも審査が通りませんが、少し借金が減ってから地方銀行のおまとめローンで借り替えました。主人の名義で100万円の審査が通り、わたしの名義で50万円の審査が通り、これで150万円分の利息が軽減されました。

地方銀行のおまとめローンへ
150万円を1年間借りた時の利息(29.2%の場合)・・・438,000円
150万円を1年間借りた時の利息(14.0%の場合)・・・210,000円

差額:228,000円

実際は毎月返済するので金額が異なりますが、ざっくりとした数字だと約22万円程度の節約となりました。22万円の節約とはなりましたが、銀行で借り替えても年間21万円も利息はかかります。

借金の金利というのは本当に高く、返済は本当に大変です。

高い授業料になったとは思いますが、「もう絶対に借金はしない」と心に誓って今生きています。

手軽に借りれる消費者金融や、クレジットカードのキャッシングだけから借り入れをしているのであれば、一度銀行の借り換えやおまとめローンなどを検討されてみてはいかがでしょうか?

「おまとめローン差額」1年間で228,000円の節約

生命保険の見直し

主人の生命保険(死亡保障)は貯蓄タイプに加入していたのですが、貯蓄タイプを解約し、掛け捨てタイプのものに変更しました。

生命保険の金利よりも我が家の場合消費者金融に支払っている金利の方がはるかに高いのです。生命保険会社に貯蓄するよりも1円でも早く借金を減らした方がいいと考えたからです。

郵便局の養老保険からネクスティア生命保険(旧:SBIアクサ生命)へ乗り換えて
郵便局の養老保険10,500円 - SBIアクサ生命3,352円 = 7,148円の節約

1ヶ月あたり7,148円の節約。年間で85,776円の節約になりました。

ただし、保険というのは、ただ単に安ければいいというものでもありません。必要なときに必要な額の保険がおりて、はじめてこの保険会社で見直してよかったと思えるものだと思います。

そして、保険というのはお金持ちには必要なく、逆に生活が苦しい人に必要な金融商品だともいえます。なぜなら、お金持ちはもしものことがあってもそれほど困らないでしょうが、我が家のように貧乏な家庭ではもしものことがあると生活が困窮してしまうからです。

減らしすぎず、増やしすぎず、適正な保険料を見積もるのは難しいとは思いますが、掛け過ぎている保険を節約するのは固定費の削減で有効だと思います。

「生命保険の見直し」1年間で85,776円の節約

その後何度か生命保険を見直しまして、現在は以下の記事のようになっています。

保険は人生の3大支出の1つに数えられているほど家計に占める割合が大きな支出です。

自動車保険の見直し

自動車保険も生命保険と同様に見直しをしました。やはり、通常の保険会社よりもネット専用の保険会社のほうが人件費がかからない分、店舗販売よりも安く感じます。ただし、軽度の事故の際担当者が来ないetc.ネット専用の保険会社のデメリットもあるので、事故に気をつけて運転しようと思います。

年間の節約額:アメリカンホームダイレクト 32440円 ― SBI損保 18060円 = 14,380円の節約

「生命保険の見直し」1年間で14,380円の節約

固定費の削減だけで年間68万円も節約になりました

  • 「軽自動車1台を手放す」1年間で254,200円の節約
  • 「学資保険の貸付制度を利用」1年間で104,800円の節約
  • 「おまとめローン差額」1年間で228,000円の節約
  • 「生命保険の見直し」1年間で85,776円の節約
  • 「自動車保険の見直し」1年間で14,380円の節約

これだけで、1年間で687,156円の節約となりました。食費で年間68万円も節約できませんが、固定費の削減は1度やったらそのままで節約効果がその後ずっと続きます

つまり、10年間で680万円、20年間で1,360万円節約できることになるんです。

この数字を見ると、今まで毎年これだけお金を垂れ流していたかと深く反省しました。

固定費の節約で一番大切なことはゼロベースで見直すということ

固定費の節約で一番大切なことはただ単に金額を減らすということではなく、ゼロベースで見直すということです。

車の所有などがいい例ですが、地方に住んでいて交通の便が悪い、逆に都会に住んでいて交通の便がいいと人によっては条件は違います。ただ単に車を手放したらいいといっているのではなく、一度まっさらな状態で、本当に車が必要か不必要なのかを考え見直すということをすべての項目で行います。

例えば、

  • 車は2台所有しているが本当は1台でもいいのではないか?車は本当に必要なのか?
  • 学資保険の貸付制度など見落としている借り換え先はないか?
  • 他社へ乗り換えることで借金の利息は軽減できないか?
  • 生命保険は本当に必要なものだけに加入しているのか?
  • 自動車保険の内容を理解せずに加入していないか?

この他にも、「NTTの固定電話は本当に必要か?」「携帯電話のプランは自分にあったものか?」「子供の習い事は欲張りすぎていないか?」「ペットを飼うほど裕福か?」などです。

我が家はNTTの固定電話は利用しておらずIP電話に変えたところ、固定電話代が月々900程度になりました。携帯電話はIphoneですがWIFI接続だけにしていますし、子供の習い事は厳選して1つだけ、ペットを飼う余裕などはまだありません。

このように、いろんな項目をゼロベースで見直すことにより、それまでお金がかかるのが当たり前だと思ってものが、そうではないことに気づくはずです。

皆さんも固定費を一度見直して、お金を垂れ流していないか見直してみませんか

比較サイトなら価格.com保険
リンク 総合保険比較サイト【価格.com 保険】
【価格.com保険のメリット】
比較サイト大手の価格.comでは、生命保険・医療保険から学資保険、自動車保険、火災保険まで幅広い種類の保険を『比較・見積もり』 できます。大手ならではの他社に秀でたサービスで、掲載保険プラン数は国内最大級。提供しているサービスも、「保険の比較」「一括見積もり」「人気保険ランキング」「保険の選び方」など満載。さらに、保険の見直しや保険相談も無料と、保険のことが分からなくても、保険の専門家に無料で相談できるサイトです。
お金の流れを把握するための家計管理、皆さんはどのような家計管理をやっていらっしゃいますか?